スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロデューサー小西温子と共同創造「プロジェクト綾子」

IMG_3151zd.jpg

新月の1月28日に始まった札幌での新しいご縁は、次々に螺旋を描いて上昇している

あの日、始めて大勢の人前で、歌を披露した橋本綾子さん

その歌声を聞いて衝撃を受けたのは、小西温子さんだけではないと思いますが

そこは、生命原理の生命の樹をよく知る温子さん

耀きだした創造の光を見逃さず、大切にそさて大胆に見守り育てるプロデューサーとしての手腕を間近で体感させて頂きました。

おふたりが到着時には、天使の羽も落ちて来て、天からも見守り応援されていることを実感して始まりました。


IMG_3144zd.jpg

呼ばれて出かけたcafetone

先日の「京子の花画廊」が天とのゲートなら、「cafetone」は地とのゲートらしい

既にプロデューサーに札幌での必要なゲートにナビゲートしてもらっている

橋本綾子さんの歌プロジェクトの打合せに入ると予想通りで

決まっているのは歌をビデオ撮影することだけ

カメラマン兼ディレクターの私はどうしたいのか雰囲気から感じ取るしかなく「感じる訓練」(笑)



温子さんの頭の中には、綾子さんの未来予想図が浮かんでいるらしく

どこに光を当てるか視点と方向を伝えてる

それを考えず感じて形にしていくというクリエイティブな共同創造



実は、綾子さん自身も表面的には私以上に、この流れの先を読めず、どう表現して良いのかという雰囲気…

それもそのはず、この流れに乗ってみたらビックウェーブ(笑)

でもその内面は、龍に乗る観音様の如く、「歌いたい」という自分軸はぶれることなく

大波に乗る勇気と歌う楽しさの中で、魂は喜び、全開に光り輝く瞬間を待っている



今回のビデオ撮影は、試し撮りとして経験を積みました。

cafetoneのオーナーめぐさんとも繋がり

求めていたフリーエネルギーの世界も、水面下から出て地上や空にまで到達していたことなども知り

あとは各分野で、それらを標準化していくだけ、それには集合意識の向上が必要かな。

この先の沢山ある人とのご縁の予告編を垣間見させて頂いた

それと同時に私自身のまだ残るフタの輪郭を認識して

内側と外側で、急速に始まる変化にワクワクしながら

プロデューサー温子さんと共同創造する「プロジェクト綾子」の行方に想いを馳せながら

ビデオ編集をしながら、今出来ることを出していく。



IMG_3156zd.jpg

今回は、温子さんのご縁から、新しい時代の共同創造について

ひな形を見せてもらっている感覚が強くて

それぞれの個性が重なり合い、調和の中でお互いを引き立て活かし合う楽しさと喜びを知る

その様な機会を与えてくれた、みなさんには感謝です。



肝心の「プロジェクト綾子」は、これから最終形態をどの様なプロセスを経ていくのか、検討しているので近いタイミングで何らかの形となり表現されると思います。

たぶん、綾子さんが最終的に光り輝いた瞬間も素晴らしいと分かるのですが

そこに至る、今このプロセスこそが、とっても素敵で素晴らしい体験なんだと思います。

そのプロセスに関われたことが、有り難いことで、温子さんが公演で伝えていた生命の樹の本質

「受け取る」

ということなのでしょうね。



ありがとうございます。m(_ _)m



IMG_3157zd.jpg

綾子さんから頂いた、チョコレート

素晴らしいですね~(^^)

ありがとうございます。m(_ _)m


IMG_3160zd.jpg

余談ですが、最後は自分で書きながら、大いなる愛を感じていました

愛って凄いですね~♡



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。