スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心の内側 行動の源泉

IMG_0700za.jpg

テレビ・新聞・ネットなど沢山のメディアにおいて毎日様々なニュースが流れています。

人はその全てを見聞きして知っている訳ではありません。楽しい話題から恐ろしいニュースまで数え切れないほどの話題が飛び交っています。

その中で目にするもの耳にするのもの中から自分が気になる話題にフォーカスして自ら掘り下げているのです。

例えば、新聞の見出しを見ても興味の無い話題では本文を読まないことでしょう。全部を読む人は別ですけどね。

テレビだって同時に全てのチャンネルは見られないので番組ガイドを見て気になるチャンネルを見ているでしょう。ネットも気にならない興味のないところをWEBサーフすることは無いでしょう。

つまりよく見たり聞いたりする情報は自分がフォーカスしていると言うことで、楽しい話題、不安な話題、自分の中でどちらの割合が多く、そしてそれらを見聞きした時の感情はどの様なものでしょうか。

スピリチュアルな概念で、自分の世界は自分が創っているとか、引き寄せているとか、聞いたことがあると思いますが、その通りだとすれば自分の感情がどの様に動いているかで、この先の結果を引き寄せ創ることでしょう。

今までの世界は、恐怖で支配されてきました。最大の恐怖は死、それに繋がる病気や怪我、生命維持に関わる衣食住、そして生活するためのお金。

視点を変えると私達は様々な縛り、枠組みの中に生きており、その枠の中で精一杯生きています。

恐怖で支配してきた人(存在)たちはその枠の外におり、人類を奴隷として扱ってきた様なものです。

昔の様に鎖で縛られ重労働させられるようなイメージは現代ではありませんが、お金という鎖に縛られ自由に生きられないと感じているのであれば、大なり小なり当てはまることでしょう。これを書いている私だってお金の縛りから完全に抜け出せている訳ではありません。(^^;) でも気付くことは大切だと思いますよ。

私達が何かを行動に移すときには、少なからず何らかの動機があるでしょう。

そこで何を感じて、その様に行動しようと思ったのか、心の内側に意識をフォーカスしてみませんか?

わくわくなど楽しさからの行動は、周りにわくわくの波動を拡げて行くことになり、その周波数に共振する人と出会い、さらに共鳴することでしょう。

不安や恐れからの行動は、周りに不安と恐れの波動を拡げて行くことになり、その周波数と共振する人と出会い、さらに共鳴することでしょう。

私達は振動する音叉の様なものであり、その音叉との違いは自分で周波数を可変出来ること。

鳴り響く音叉に近づいた同じ周波数の音叉は共振して鳴ります。

その振動(音)が大きければ大きいほど遠くまで届くことでしょう。



ポイントは自分が鳴り響かせたい周波数(音)は何なのか? と言うことです。

楽しい音? 悲しい音? 面白い音? 怖い音?


この世は集合意識が大きな流れを織りなす世界、どの周波数が大きくなるかで天候や天変地異までありとあらゆることに反映します。

ポジティブ・ネガティブどちらが良い悪いでは無く、どちらも自分の中にあり、両方でひとつの自分。

そのどちら側を外側に反映していくのか、自分は送信機であり受信機で合わせた周波数に対応する。


まだ起きてもいない事象に怯え、その情報を拡散するのは、望んでいないつもりがそれを選択し、その事象を応援し具現化しようと努力している様なものかも知れませんよ。

問題と感じる事象には、今自分ができることを準備行動し、その時が来たらそれを実行する。


まだ起きていないことに囚われ、今できることをしないのであれば、未来に生きて今にいない状態です。


私達ができることは常に「今何をするか」だけであり、過去の後悔と未来の心配の中では今に意識を向けることは難しいでしょう。


この世は映し世であり、自分の心の内側の投影です。

自分が感じたことに反応し次の行動に繋がっています。

自分が向けた方向しかカメラの撮影は出来ず、その映像を見るときには方向は変えることができません。


自分の外側ではなく、自分の内側(心・ハート)に是非フォーカスして、自分が見たい映像を撮るために、見たい方向にカメラを向けて撮影してみてはいかがでしょうか。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。