ありがとう感想メール * Skypeセッション・お放し会(Ver.UP講座)・参拝どう *

昨夜は久しぶりの生放送致しました、話すことないかな? と思いながらもあっと言う間の2時間でした。

イベントを設定するときの第一条件が「如何に自分達が楽しめるか?」です。

個人セッションにおいては自分達だけでは成立しないので、その限りではありませんが…

そこが私達の軸であり、それがズレたときには上手く回っていかなくなると思います。

参加してくれる方も私達に何かを感じ、私達も皆さんを通して何かを感じ、受け取っております。

それらが反応し周りに広がるときに、連鎖反応に入り、光=愛が拡散して行くのかな〜(^^)

この物質世界を楽しむた、想いを具現化する創造のゲームを思う存分楽しんでみませんか〜!?


感じたことを外側に表現していくときに、自分のエネルギーが光となって広がりますよ〜(^^)

それではご参加頂きましたみなさんの光を感じて下さいね〜♡


*** 参拝どうでしょう@住吉神社(下関)参加のKさん 感想メール ***

すずけん 様

こんにちは。 
下関で至福の時間を体験させていただきました、Kです。

昨夜は久々の生放送、嬉しかったです。
楽しかったです(*^^*)
笑いました。
なんか、微笑ましかったです。


さて・・・・・・。


私はあの下関のイベント後、
この世に降りて来る前の約束事で、自分の中から浮上してきた記憶がありました。

1つは、
ある時期までの、
(平たい表現で言う)不思議能力的なものの禁止、封印。
もし気付くような事があっても、その事を知られてはいけないし、絶対に前面に出してはいけない。気付いても気付くな、みたいな、なんかそんなややっこしい条件です。厳重に注意されていた感じです。

2つめは、
相変わらず一番感肝心な「○○のため」の○○部分は思い出せませんが、
「○○のため」具体的にどうすれば良いのか、降りる直前に私は自分から質問していて、その時、
「楽しんでいればいい」と言われて来ていたことです。


それで納得いきました。
私の不思議体験の中のひとつに、
22歳頃、何の悪戯か、全部イリュージョンって事に気付いた瞬間があったんです。それは私にとっては悟りどころじゃない、反則感覚に襲われた恐ろしい体験で、必死に打ち消しました。

でも、その病的感覚(私がその時そう決めた)から生かせた部分はありました。
だったら選ぼう、自分の幸せを選ぼう、穏やかで平和な生活を選ぼう、普通の人みたいになろう(おかしな現象にも苦しんでいた)、って思ったんです。

それもある意味しんどかったのですが(笑)



すずけんさんのイベントに参加できたことが、「もういいよ」の合図だったのかもしれません。

後から後から、表現し難い気持ちが湧いてきます。
改めて、すずけんさん、そして葉子さんに感謝です。
そして、私がお二人のイベントに参加できたその裏には、ちもたんさんが大きく存在しています。本当に感謝です。



なんとなく私、自分は生きて存在することそのものが重要で、
だから本当は、ただ生きてるだけでも全然いいのかな?、でもそのうえで、楽しめていたら、もっといいのかな?と、
今そんな気がしています。

「♪何が出るかな♪何が出るかな♪」サイコロを振ってみて、自分の中の宇宙から、何が出てくるか?
こんな面白いものはないかもしれません。


これからも放送楽しみにしています。

すずけんさんのイベント等も、もしまたチャンスがあったらお邪魔させていただきたいです^-^

長くなりましたが、どうしてもお伝えしたい衝動にかられたので(^^;


では(*^^*ゞ♪ 

山口県 Kさん


*** お放し会(Ver.UP講座)感想メール ミキさん ***

先日の相模大野でのアップデートをありがとうございました。

グラウンディングのワークからフラフラ、頭グルグルエネルギーが動いた〜フゥ
半分寝ながらの帰宅で、夜はバタンキュー。

頂いたヒントや、ワークなどを取り入れながら自分なりのスタイル作りに活かしていきたいと思います。

参加者の方からのメールで、スピリチュアルなセッションをしているのかとの問い合わせをいただいて、改めて『スピリチュアル』とはなんぞや?

私自身は、意識をして使っているわけでわないしカテゴリーの意味合いもイマイチ理解もしていない事に気付きながらも、このカテゴリーわけが無くて良いのかもしれないな〜と感じています。

すずけんさんがよくおっしゃっている反転もこんな感じで皆がそれぞれの感覚で使っていくのかな?

楽しく、学びの多い時間を下さってありがとうございました。

神奈川県 ミキさん


*** Skypeセッション感想メール Kさん ***

迷いに迷ったセッションの申し込みでした。

結論から言うと、「私が『そのままでいい』という自信をもらう」セッションでした。

その自信をもらっての新年度スタートを切りたかったのだと思います。



私は教員をしており、今年卒業学年の担任をしました。

今までで初めて「思い入れの強い、印象深い学級」となりました。

勉強いまいち、運動いまいちで、おまけに人間嫌いが多い学級。

それが行事で結果を出し、最後の最後に本当にまとまり、卒業式はEXILEの「道」の歌詞のようでした。

最後の学活で「このクラスの担任をして、本当に良かった」と彼らに伝えられたことも、私の成長であり幸せなことでした。


縁を感じる生徒も多く、特に2人の男子との関係について見てもらわないと「この世的にまずい」というのがセッション申し込みの決め手でした。

 
学級内外で人間関係を潤滑にし、また私を支えてくれた2人でした。

今生は、てっきり私が恩返しをするのだと思っていたら、逆でした。

2人の命を救った「恩人」が私でした。だから、こんなに忠実に尽くしてくれるのだという感謝と、過去世で人を助けた“私”にも感謝、そして永遠の繋がりに感動をしました。

 
お二人からはたくさんのアドバイスとリーディングをしていただき、まだ私自身未消化です。

ただ言えることは、「私はこのままでよいこと」でした。肉体を持つ私は、日々様々なできごとに一喜一憂していますが、全ては順調なのだと。

何かが見えるなど特殊能力は、私には分かりませんが、お二人から「つながっていて、実践している」と
言われました。それを「体感」したいと思いました。そのためのアドバイスもいただきました。


今後教員としてどんな役割を果たしていくのか、同じ考えをもつ仲間をどう増やしていくのかも教えていただき、次のステップが楽しみになりました。


申し込みを躊躇したセッションも、実は「このタイミングがベスト」だったのだと、今思います。

 
うちの上司は「スピード&フットワーク 毅然としなやかに 迷ったらやる」が口癖です。

これはどなたにも、またどんな事柄にも当てはまると思います。セッションやお話会参加に迷う方がいらっしゃたら、ぜひ参加してみてください。タイミングでない時は、予約が取れない・つながらないなどといったことも起こると思います。


4月から新しい学級との出会いです。どんな縁が待っているのか、葉子さんからは「とても縁のある女の子がいる。自分で感じて見つけるよ。」と宝探しのようなことをいただきました。

毎日接している人の中にも大切なご縁があること、それを今までいい加減にしてきたので丁寧に向き合っていきたいと心から思うセッションでした。

新潟県 Kさん
スポンサーサイト