自分の枠を確認してみませんか〜?

これから色々な「枠=常識」が崩れていくことでしょう。

その枠はひとりひとり異なるので、一概には言うことは難しいかも知れませんが、自分自身が主役となり自分を生きているのであれば、自分を守る壁のような枠はもう不要です。

自分を生きていない場合には、何かに頼る必要があり枠にもたれかかったり、他人に依存していたことでしょう。

何かに気付いているけど、何かがわからない人は、それに気付き反転し光速の向こうへ向かい

その本質に向き合う気がない人は光速未満で終えることでしょう。

その選択は本人(魂)の意思であり、どちらでもよいのです。

そうは言っても魂の学びとして、私達魂は光速の向こう側へ向かうために歩んでおり、そのタイミングが今なのかまだなのかというだけでしょう。神々は陰ながら最大限の応援をしてくれているようです。





今までの道のりを考えるとひとりでも多く次のステップに向かうことを祈っております、そして自分自身もその道を確かめながら歩み、それを伝えて行きたいと思っています。

今からのタイミングでは、如何に自らの体感を取り戻し、外側から内側に反転した意識と体感が重要になってくると感じます。

宇宙語やチャネリングは外側の情報であり、これらも内側からの情報に切り替えていく必要だと感じます。

次回の放送ではセルフクリアリングを加速させるエネルギーを送りたいと考えております。

魂を包み込んでいる幕を如何に外してクリアにしていくか、自分の本質に目を向けていくことが必要と感じます。






今後のイベントは、意識の反転はもちろんですが、体感を取り戻すこと(一緒にね)にフォーカスして行きます。ブログや放送を見てくれる方々の多くは30代〜50代が多いことでしょうでしょう、そのみなさんは私同様に次ぎに向かいたい方で、まだ光速を超えていない人でしょう。

私の親の世代では、昔を懐かしみながら過ごすでしょうし、若い世代からは、このチャンネルでも遅すぎて見てられないのが現実でしょう。

それ程、仕様の差は大きくて、ギガレベルの光回線(若い世代)とアナログダイアルアップ〜ISDN〜ADSL回線(私達)なのです。

パソコンやイン多ネット回線も早いものを使ってしまうと、遅いものには戻れないものです。

今まで2年間の助走期間がありましたが、今はそれぞれ低速、中速、高(光)速の車線を走っております。その横には光速を越えた車線がありそちらにシフトして離陸していく様なイメージでしょうかね。





誰であっても本人の意識、気付き、行動が必要でしょうし、その選択は自らしているものです。

無意識で気付いている人は時が来れば意識するでしょうし、気付いていない人は気付く必要があると思います。

現状を船に例えるのなら

・そのまま、乗船中の船に残る
・下船して自らの船で航海に出る

気付き、覚醒、悟り体験は、この場合下船でしかなくただの通過点です。

下船の仕方には色々あるでしょうが、自分自身を身軽にしておくことが楽に移動ができるでしょう。荷物を持ったままでは溺れやすいでしょうね。

通りがかる救助船を待つのではなく、今目の前にある1人用の救命ボート(マカバ)に乗り込むこともできるはず。




さあ、みなさん自身の選択は決まっていますか?

そしてそれに向けた行動を起こしておりますか?

救世主、そして創造主は自分自身ですよ〜!
スポンサーサイト