不思議が起こる日常

以前だったら、不思議だと思う現象はそれ程起こっていなかっただろうと思うのですが、ここ数年はそれが少しずつ表面化してきて、これからはさらに増えてくるかも知れませんね。

ひとつにはインターネット、携帯電話、スマホなどツールが普及したことにより、誰もが情報発信者となり同時に受信者になり得る、いわゆる双方向通信が文字→写真→動画と情報量が飛躍的に上がり、情報端末を手にする人も増加し、ほぼリアルタイムに情報共有出来る時代に私達は暮らしております。


さて、昨日見た記事で、空からヤツメウナギが降ってきた、というのがありました。

日本でも以前に、オタマジャクシが降ったりしていましたね、これらの理由とか原因とかは、ここではある意味どうでもよくて、今まであり得ないと思う様な出来事が、普通に起きてくるでしょう。

そう言う意味で非日常的な現状が起こる日常に突入している時代なのでしょうね。

その変化を如何に受け入れていけるか、その気持ちと意識の柔軟性が問われてきていると思います。



予言的な話しの具現化は、あまりいい感じがしない事柄が多い気がしますが、そうではなく自ら望む希望を具現化していくことが、この先重要になって行くのだと思います。これは昨日のブログ記事に通じます。

天変地異など自然災害と異常気候は、起こってきておりますが、影響を最小限に様々なストレスを解放し、崩れたバランスを解消し、1つになる時。

起こることは起こるだけ…



今日、6月10日は時の記念日だそうです。

時を刻み始めた日

始まりがあれば終わりがある。



分離した意識が終わり、融合するワンネス意識へ

時の終了のカウントダウンと平行して、融合も進み行く



この一年の歩みは道となり

振り返り何をしてきたのか

そしてどこに向かうのか

それらは軌跡と共に、この先も照らされ見えてきた



止めていた時の繋がりを再び繋ぎ

今と過去とを繋ぎ直す

全ては循環しひとつだった

それを切り伸ばしたことで直線を知る



ヘビがウロボウズになる様に、ちょっとしたことで変わって行く

さて、みなさんはどの様に変わっていくでしょうか



外界の情報は、変わりゆく事象について驚きを持って伝えて行くだろうと思います。

不安と恐怖と言う重力から離脱し、それらの情報に振り回されず今を生きる。

その様な意識で、この先を過ごしてみませんか?



外側から内側へ、意識の反転し、そして目標に向かい行動する。

その様な人をサポートします。
スポンサーサイト