フリーエネルギーへ

御神事も終わり「次ぎ何する?」と問われ続けておりましたが、今の流れに乗った時はエネルギー分野を取っかかりにしており、そのエネルギーの扉をもう一度開けて、ヒーラーカウンセリングとは同時並行で進めて行きます。

最終目標は、屋外に電線、電柱、鉄塔のない、(電気)エネルギーのある世界の実現です。

風景、空、雲、太陽などの写真を撮ろうと思った時に「電線が無ければ」と感じたことがある人はどの位いることでしょうか?

私はしょっちゅうあります。

だからと言って、電気の無い暮らしをしたいとも思っていません。

その世界を地下資源に頼らず、系統電力ネットワークから自立して、独立型のオフグリッド電力にシフトしていきたいと想っています。

既にオフグリッド生活を実践している方々も多数おります、ネットで検索すると出てきますね。

現状でその様なシステムが既にあるのに、普及していないのは認知されていない事だったり、コストが高いことだったり、複数の要素があると思います。



今後の活動において、現在の状態から未来の理想の状態まで、ラインを繋いで行くこと。

エネルギー業界においても、供給者側の思惑はひとつでは無く、原子力、火力、水力、風力、太陽光、地熱、温度差などのエネルギー源の違いが、よく表に出てきますが大手、資本家が提示するのは系統電力で電気は買うもの。

自家発電については一部において細々と使われている状態です。



もし各家庭で自家発電して、系統電力を必要としなくなったら、原子力発電所は維持できるでしょうか?

電力の大口顧客は既に電力自由化が始まっており、どんどん安い電力にシフトしてきています。

そうなっていくと発電も分散型、需要連動型でオンオフがしやすい小型ガスタービンなどの方が有利となり、大型施設では自前のガスタービンなどを持っているところもあるくらいです。



私がやることは、自分が求める方向に行動「自分にYES!」

逆は、イヤな方法の反対「他人にNO!」で、ベクトル違いはお構いしません。



まずは現状を知る必要があります。

無知は罪、国民が原子力発電について正しい知識を持ち合わせていたら、54基も造ることはできなかったでしょう。もちろん私も311後に真相を知りました。

・今出来ることを知る
・出来る可能性のあることを知る
・創りたいものを想像してそれを創る

まだまだ段階はありますが、見えない世界と見える世界を統合・融合させることで、多次元からの情報を引き出しつつ、この世界に具現化させる。



まずは現状を知るところから次のステップをチラ見しながら、ゴールを目指したいと思います。

8月から「フリーエネルギーへの扉」を定期開催していきます。

会場はまだ決めていないので、決まり次第イベント告知を致します。

フリーエネルギーは使う人の意識が上がって使える様になっていくと思います。

意思、意識、認識、知識、叡智、行動が調和していき、具現化させていける会を創ります。


どうぞよろしくお願いします。m(_ _)m



今感じるテーマ

・現状のエネルギー、発電、電力ネットワーク
・今まで出てきたフリーエネルギー
・次世代フリーエネルギーから反重力の世界

過去を学び、今を知り、未来を創る



そんなエネルギーに興味のある方のご参加をお待ちしております。

一緒にフリーエネルギーを創り、使って行きましょう〜( ^o^)ノ
スポンサーサイト