結びが解ける時

9月10日(木) 台風がもたらした大雨により、鬼怒川が決壊して広域に水害が発生しました。

被災した方、救助に当たる方の無事を祈り、復旧と対策が進むことも合わせて祈ります。

虹の橋にて愛の光の粒子を贈ります。






けっかい・結界・決壊

音としては同じですね。

守るものであり、それが破壊されることでもある



日本には霊(エネルギー)的な結界が沢山あります。

いつのころ、誰がどれだけ結界を結んだのかは知るよしもありませんが、多くの結界はその結びが解ける時期に差し掛かっていると思います。




自分の中での結びを縛りと捉えると、制限であったり、枠であったり

自然界で起こることは、人の中でも起こること

自分自身の結び、縛りが、解けて来だしていませんか!?

体調だったり、体感だったり、意識だったり



ひとりひとりの中で、静かに結界(封印)解除が進行していると思います。

自分の中で、何かが決壊するとき、今までと意識や体感が一気に変化して行くかも知れません。

それが意識の反転とか覚醒とか、感じるのではないでしょうか。



一気に解放すると身体がキツイこともあるでしょうから、気付いたところからスローリークさせて、内圧を下げて反転の時に備えてみるのも良いかも知れませんよ。

自分が休むことを許可し、身体を休め、心を休め、リラックス、力を抜くのではなく抜けるを体感する

日向ぼっこする猫の様に緩んだ自分を想像してみませんか〜!?

想像・創造・行動するのは自分自身ですよ〜(^^)
スポンサーサイト