スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

静養 自分を信じること、相手を信じること

今日は静養の日でした。

ここのところシフトやミーティングやフォローアップで、思いの外疲れていたようです。

いつも以上に、過放電していたのか? 充電前にリフレッシュ放電をしたのか、午後は急に眠たくなりお昼寝しておりました。





「自分を信じること、相手をしんじること」

とあることからゆきちゃんにもらったメッセージです。

自分の行動は自分の感覚や直感を信じて行動していると思いますが、こと相手が絡む時にその相手を信じて行動しているのか? 問われているメッセージでした。



それを見た時には「あっそうか」と思った訳ですが

その後からはマインドが「相手は大丈夫と信じて放っておいて何があっても大丈夫だな」とか意地悪な思考も働きましたが、結論から言うと、それもありなんでしょうね。

この世は必要な事しか起きていないので、どんなことが起きたとしてもその本人にとって必要な事だったと受け入れなければ、この世は理不尽なことだらけになってしまう。

ただそれを額面通りに仕方ないよねってしていくと、とてもドライな世界になって行く気もします。

どんな選択であってもその人の正解。でも波動を上げた場合の選択は変わるでしょうから、その時点での正解は常に変化する可能性があるのだと思います。



見守った結果がどうなろうが、そこに愛があるのならOKなのでしょうね。

愛がない見守りは、もちろん別物なのでしょうけど…



今までの常識と言う、思い込みや刷り込みなどの枠を外してきている訳ですが、3次元的感覚を取り去ってしまうと愛のない目的優先のロボットのような世界感になってしまうのかな。

プログラム的な条件反応を越えた所にある、愛ある行動

その愛が、相手が受け取るとも限らず、それでも自分のハートを信じて送る愛は無駄ではないでしょう。



斜に構えた意地悪な自分(マインド)は、何かあると「それ見たことか!」とののしるかも知れません。(自分感覚、みなさんは無いかもね)



高次元ではワンネスでも、この次元では個であるので、境目は確実にあり、それを無視するとこの世では具合が悪い。

この先は徐々にワンネス感覚に戻っていくのでしょうが、体を持っている以上、別の個体ですね。

大いなる意識と繋がりつつ、個である体で表現するのが、これから先の豊かさなのかな?



そんなことを夕方に感じた、休息日の1日でした。

ゆっくり休めたので、そう感じ取れたのかな。

宇宙に感謝、関わってくれるみんなに感謝、気付きの連続に感謝です。

ありがとうございます。m(_ _)m



今夜も放送ありますので、リミッター外しにお越しくださいませ〜( ^o^)ノ

すずけん放送局 ライブ放送 21時からオンエア 
http://www.ustream.tv/channel/すずけん放送局
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。