スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

傷付く気付と始まったゲーム

昨日ゆきちゃんとチャットのやり取りの中で出てきた言葉

相手を傷付けることを恐れて、言えないことや行動できないことがある

相手側の視点では傷付くことがあってもそれを気付きに反転した時、愛を感じることがある



刀やナイフで切りつけるような傷もあれば、ヤスリで削る様な傷もある

その時に感じたのは、私達はこの世に魂磨きに来ていると言うこと

相手を傷付けるのを恐れて、原石である相手を最初からウエスで磨いたところで、何も変わらない

傷付き、気付く

どっちも「きず・きづ」

まんまるの珠にするには、一カ所だけ削ってもならず、まんべんなく球体になるまで削り形が出来てから磨き上げる



私達はお互いの鏡でありながら、ヤスリでもあるのではないでしょうか

形を整えては出っ張る部分を誰かをヤスリとして擦り上げる

その繰り返しから球体にして、最終段階で磨き上げる



その為に1人で山に籠もって悟ったとしても魂を磨くことは出来ないのではないでしょうか

その時その時適切なヤスリ(人)を自ら見つけ、その人と関わる事で丸くなる

人が出来てくると丸くなるって言いますよね

私自身もウニやイガグリの様なトゲが丸くなり、金平糖をへて、珠になってきたと感じます。

時々名残トゲが飛び出してきますけどね(笑)



ある意味、今の時期はヤスリで磨きあう時を過ぎて

自分で水やウエスで磨き上げる、最終仕上げの時でしょうか

今までどれくらい丸く削り上げられたでしょうか?

完全球体である必要はないと感じていて、それが個性なのかなと思います。

その仕上げた珠(魂)に光や火を灯し、自ら発光していく

ひとりひとりが太陽(恒星)となり、周りを照らす

その集まりが銀河となる



今までの集団護送方式は終わり、各自がマイシップ(マカバ)に乗る

目的に応じて船団を組み、それぞれの目指すところに向かって行く

今まで見ていた海は港の中

これからは大海原への航海に出る、後悔には出ないようにね

その海は宇宙へも繋がり、時空すら超越する

バックトゥーザフューチャーが向かった未来は2015年

終わりと始まりをみんなが知っている

でも今回のシフトには明確な終わりと始まりは現れない気がします。

気付いた人だけわかると思う

気付かぬうちに終わり、そして始まる

自然な流れで進むけど、気が付くと急速な変化

でも無理が無い

そんな気がします。

根拠はなく、私が感じるだけ…



多くの人がグルグル周りながら自分の中に入るタイミングを計っている

もちろんその意識や認識はないのだけれど

ハイアーが出来る範囲で調整し無意識のうちに誘導する

それは人それぞれのタイミング



全ての人が同じ体験と結果を得る訳ではなく

全ての人が望んだ体験と結果を受け取る

誰のせいでもなく、自分の意思



マトリックスが変わる時、大きなシフトが起こるでしょう

でも気付かないと思います。

宇宙のタイミングもあるので、ちょっと複雑になってきている気がします。

それも普通には体感しないと思います。

比較する物がありませんから



体感とハートを優先して、内側に入り、外側を観ている自分を観察する

それが今を生きるのに楽に過ごす方法かな

みなさんも自分がいいなと感じたことを実践してみてください。

誰かが言ったことではなく、それを聞いた自分の感覚を優先すること

外側に救世主はおらず、自分が救世主であり創造主であること思い出す

見聞きした事象を感じた自分の感覚を最優先にして

これからの時期をお過ごしください。

波にのまれずに、波に乗ろう

魂の時空サーファー、あなたのビックウェーブはカミングスーン

あなたはサーフボード派、デロリアン派、それともマイシップ



さて、みなさんはどこに座標をセットしてますかね〜( ^o^)ノ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。