時満ちる満月

IMG_3553aza.jpg

前回の満月から新月、そして今日の満月にかけて、シフトタイミングを迎え心も身体も辛かった人もいらしたことと思います。

シフトお疲れ様でした。m(_ _)m

今年の冬至に照準を合わせている人は、この時期は精算ラストスパートに入っているでしょうから、早々にクリアしていた人はいざ知らず、予定通りの又は遅れ気味の方は駆け足で登り切るようなシフト体験をされていることでしょう。

それも今日の満月で一段落、階段の踊り場に到着したかなと感じますが、踊り場ですので次の階までまだあります。(^^;)

11月の新月満月、12月の新月満月とあと2巡あります。

12月22日の冬至を越えて25日の満月の翌日、12月26日(土)のすずけん放送局まつり@新横浜はドンピシャのタイミング、宇宙の采配は完璧ですね。



何度も何度もシフトの峠を越えてきて感じるのは、意識、ハート(魂)、体のバランスが大切なこと

波動を上げて意識だけ次元を越えて知覚することは案外容易ですが、体がついていかないとグランディングが弱いと波動酔いみたいになってしまう。

シフト中は症状が体に出ることが多くて、風邪の様な症状で古いエネルギーを体外に出す浄化をしたり、動けないように足腰が痛くなったり休むように促してきます。

他にもショックに感じることが起きて、自己嫌悪や自己否定に陥ったり、過去に押さえ込んできていた感情の解放に伴い、その時をフラッシュバックしたり、似たような事象を通して思い出させようとしたりしています。

それも気付き、受け入れ、それがあったから今があると感謝に変わり、その想いを手放せた時、その冬至の自分と今統合を果たします。



どちらにしても体に何らかのサインを伴いますので、それを真摯に受け止めて痛み止めなどで紛らわすに留まらず、何故だろうかと内なる思いに意識を向けて追ってみて頂きたいと思います。

その作業は、自分との対話となり、内側に入ります。

そのため他人のせいにして逃げることも出来ず、唯々自分と向き合うことになります。

それってとってもイヤでキツイこと、自分の中の闇と向き合うことは楽しくはありませんが、ここは踏ん張り所で、その先に楽しい自分が待っています。

感じている感情をまたしまい込まない様に、口に出して解放していくことをお勧めします。

ひとりで周りを気にしなくて良い環境が安心ですね。

また自分の話を聞いて受け止めてくれる人がいると、そこから抜け出しやすくもなります。

その時にはジャッジしてこうしなさいと、言わない人に相談するのが吉ですよ。(^^;)



物事の全てを選択し体験しているのは、自分自身です。

他人の言葉は参考やアドバイスに過ぎず、その言葉通りに動く人もいるかも知れませんが、その言葉に従うと判断したのは自分ですよ。

多くの組織などでは、その組織の理論を教育し、その理論については考える事無く受け入れる様に大なり小なり行っていることでしょう。

それが極端に現れるのが新興宗教などで、それ以外は拘束が緩いとかあっても本質的には変わらないでしょうね。

多くの宗教や組織などが伝えているほとんどことは真実であり、その組織に必要不可欠な部分について宇宙の真理とかけ離れたところが含まれていると感じます。



現代の金融奴隷システムと同様に、その仕組みに気付かない限り、疑うことすらタブーであり、仲間同士の監視の目があり束縛される。

支配者は直接支配せず、奴隷に奴隷管理を任せて、任された奴隷は自分が支配者だと勘違いしたかの様に忠実な奴隷になっている。

自らの思考を手放していては、自分の自由はそこにない。



話しは変わって、チャネリング感度の高い人が、明確な意図を持たず興味本位で突き進むと思わぬ事象に遭遇する可能性もあります。

高次元の存在(善悪の概念はない)がグランディングが弱く魂の抜け気味の人に入り込む、乗っ取り状態

チャネリングで人を高次の思う様に操るのが、向こうの目的であった場合に、それが上手くいかない時の強硬手段

それが良いとか悪いとかの判断は、そこには通用せず、人の意識が曖昧になると向こうの方が何枚も上手ですから、チャネリングソースにとっては、難しくないのかも知れません。宇宙の真理には反していると思いはしますが、今の地球はカオス状態、ルールや法を唱える前に、自らの意識をしっかり持つことこそが自らを救う近道だと感じます。

何かをする時には、何故それをするのか、その先はどこに向かうのか、自問自答してみることをお勧めします。



私達が宇宙や宇宙人に想いを寄せるのも同じで、最初はどうしても興味本位で見てします、探してしまうことがあるのは否めないと思います。事実私達もそうでした。

しかしそれは芸能人を見てキャーキャー言う様なもので、その状態では友達の様に接することは不可能ですね。

私達の意識レベルが相手と近いレベルにあり、何かをもらうだけではない、ハートの交流ができる準備が整った時に、ファースト・コンタクトが始まるのではないかと思います。

現状の私達はまだキャーキャー騒いでいる子供と変わらないメンタリティーなのでしょうね。

心して何故そうなりたいのか、自分に問いながら、その目的に向かって歩みたいと思います。

放送やブログをご覧のみなさんにもUFOとか宇宙人とか見つけて喜ぶところで満足し終えることなく

その先どうするのかまで意識していて頂きたいと願っております。

どうぞよろしくお願いします。m(_ _)m






スポンサーサイト