かんしょう

IMG_5243za.jpg

かんしょう

あなたが漢字にするなら、どう書きますか?


干渉、感傷、緩衝、観賞、他にも色々ありますね



干渉 と 観賞(観察のニュアンスがいいかな)

私達は自分と他人の関係性の中で、生活しています。

関わりは必要ですが、行き過ぎると干渉になります。



ちょうど良い間合い

あうんの呼吸

タイミングが合うと心地いいですね



それをどのレベル・視点で見るかで、またタイミングも異なるので、一概にこれがベストと言うものがない

関係なのか、干渉なのか、それぞれが何にどこまでコミットしているのかで、変わることでしょう。

私の今の立ち位置では、情報が集まる分、関係は増え、干渉する時もあります。

以前は干渉する割合が高かったかも、今は1拍置いてからの行動になる時が増えて、コミットしているのか、干渉しているのか、観察するのか、視点を上げて俯瞰する機会が増えました。

事象に対して、1拍置きそれに対する集中を手放すと、自然な間合いとなり、行動への選択肢が増えてきます。

その選択肢の中から、次のチョイスが見えてきます。



今このタイミングは、様々なエネルギーが渦巻いています。

昨年からの経験を振り返っても、これだけのエネルギーが飛び交うのは、凄いなと感じています。

ひとつには感度の上昇もありますが、全体のエネルギーも臨界点に近づいてきているのだと思います。

良いも悪いも、ポジもネガも、光も闇も、ある一点に向けて集中しているような感覚です。

一転に向かっているようで、ゴールはそれぞれに異なる感じで、自分の目的地・ゴールの設定をお忘れなく。
スポンサーサイト