スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シナリオ通り 視点を変えて今を眺めてみませんか〜!?

IMG_5554za.jpg

毎日毎日、色々なドラマが繰り広げられている

ヒーロー・ヒロインになったり、被害者や加害者にもなったりする

目まぐるしく変わる視点と体験は、生活を楽しくも苦しくも感じさせる



でも、シナリオ通りの展開です。(苦笑)



私も色々なドラマを創りだし、主役に脇役に大忙し(笑)

役者視点では、どう立ち振る舞うのか、考え悩みながら、もんもん、ぐるぐる、思考はフル回転(爆)

冷静(霊性)な視点で物事を見ることの教えを請い、その視点からの眺めを感じてみる



俯瞰 役者視点から監督視点で自分の役柄を眺めてみる



そのシナリオを進めていた側の視点で眺めてみると、今回学ぶポイントが見えてくる

それはジャッジだったり、愛だったり、舞台上の左右立ち位置(二元性)の問題ではなく、監督席からの視点で見るのが、次の次元

まだ抜け出していない二元性の舞台ですから、ドラマにハマルと面白いけど出口が見えない。



自分の闇を光に変えるためには、鏡として外側に闇も必要となる

まずは自分の闇に光を与える、それは外側の闇に光を与えることにもなる

感じるのは自分の内側で、外側についてはその人の領域

二元性の枠にがあるとジャッジが入る、そこに気付いて手放せるのか、自分の闇への対応しだい

そこ抜けると、次のステージ

抜けていくまでループは続く…



外側のエネルギーに影響を受けないだけのエネルギーになる様に、自らのエネルギーを高めていく

内側の闇が光となれば、共振する周波数は霧散していく

心地よい周波数の共鳴を楽しめるように、自分の波動を整える

私が凄いと思う人は、どんなところでも、どんな人にも、自分そのままだ

好きなエネルギーには共鳴し

嫌いなエネルギーは流すだけ

思考と心と体のバランスが整っている

日々の変化はありながら、段々波動を上げていく

自分もその様にシフトする。



2015年の冬至に向けて、その様な流れの中に身を置いている

みなさんも自分の設定したシナリオ通りに二元性の舞台に立っているのだと思います

準備ので来た方から、次の舞台へ移りゆくことでしょう

12月26日(土)の「すずけん放送局まつり@新横浜」は、締めくくりの大舞台となり

私達には2015年を締め括る「千秋楽」



みなさんは、それぞれどの様な舞台に立ち、何を感じ、何を積み重ねておりますでしょうか

自分が監督だったら、役者の自分にどの様な演技指導をされるのでしょうか

視点を変えて今を眺めてみませんか〜!?
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。