時の流れ

IMG_5700zb.jpg

時の流れは早いもので、12月も2週間経ちました。

日常の中で私達は常に何かを選択し、変化の途上にあります

時の流れと同じく、変わらないようでいて、常に変化し続けている私達

その変化のスピードも時間のスピードと同じように速く感じて来ている人が増えてきているのではないでしょうか?



時は流れゆくもの、と認識していても

私達自身が、流れゆく(変わりゆく)ものとは感じにくいのかも知れませんね

人の心と捉えると、それもまた変わりゆくものであり

それぞれお互いに、共鳴共振して影響し合い、何かが変化して行く

その心の在り方が変わりゆけば、必然的に行動も関係も変わりゆく



それらの外的な刺激が、内的に大きな気付きを与え

内側の変化に繋がっていく

それは魂の望む変化でしかないのでしょうが

人としての感情は、割り切れないかけ算をしている様なものなのかも知れません




その感情こそが、何でも割り切って捉えていた意識が、知りたかったことなのか

人としてここに生きて体感し続けているこのなのだろうか




常識の枠や人としての制限を外して、感情の解放を進めて行くと

今までとは異なる感覚になってくるのは否めません

それが良いとか悪いとかではなく

ただ違うんです




ガチガチの常識の枠を外して、ゆるい枠の中で自由を感じていた時から

徐々にゆるい枠すら外して行くことで、本当の自由をてにするのでしょう

それは本質の自立であり、孤独ではない

でもその領域に入っていない状態からでは、それを寂しくも感じるのですが

ガチガチの枠の中で感じていたような、寂しさとも異なります



子供の戻っていく様でありながら、大人になっていく様な自立

これもパラドックスなのでしょうかね



ゆるい枠すらなくなり自由になったら、逆にどこででも繋がれる訳で

意識周波数が合うかどうかが、ポイントになるのでしょう

その意味でも自分の願うことが叶いやすくもなり

自分の愛に目覚め、自己肯定から他者への視点も肯定的なところにフォーカスしていくのだと思います。



自分を信頼し、他者も信頼する

全ては自分の宇宙(意識の世界)で起こっていることであり

リアルな物質世界に投影している現象

その現象を通して自らの意識の在り方を観察し体感している

そんな素敵なこの世界

ガイア(地球)に感謝して、信頼して、未来へ続く今を大切に生きる



今ここにいる幸せを、今ここで体感する

後で知るより、今知りたい

そんな感覚を体感して共感して共有したい

時間という枠を外して、今を一緒に過ごしましょう





*** イベント案内ページ → 光速の向こうへ ***
スポンサーサイト