選択している体験

IMG_5705zb.jpg

選択している体験

今朝目覚めに感じていたこと


人はそれぞれに何を体験するのかを選択しています

頭でわかっていても、ドラマに填まっている時には、のめり込んでいて自分のことのみならず、周りの人のことまで勝手に思いを巡らし、ああした方が良い・こうした方が良いとアドバイスと思っているお節介なジャッジをしているものです。

今まで沢山してきたし、今もまだしているよね(笑)

感情として感じているのは、自分の内側の話しなのでそれでOKなのですが、それを相手に伝えるとなると、聞かれて答えるのと、聞かれていないのに答えるとのでは、全く逆の方向性ですね。

そして、これが聞かれていないから言わないのが愛で、言うのがエゴなのかと言うと、そんなに単純でもなく

その状況によっては、本人が選んでいることに気付いていなかったり、勘違いしているのかも知れません。

ハーネスを付けずにバンジージャンプをしようとしている人がいた時に、その人はそれを選択しているのか、それとも忘れているだけなのか?

それを見ているのは自分です
・そのまま見て見ぬ振りをするのか?
・それとも聞いて確認してみるのか?
・無理矢理でも止めるのか?

概念の話しとして、宇宙的に見てしまうと全ての選択・体験は本人の正解

誰にも干渉することなく、物事が淡々と過ぎていく



そんな風になるために私達は進化しているのだろうか?

それなら感情はいらないよな



人として見た時には、知ってて見送るのは、私には出来ないな

どこまで相手を信頼し干渉せずに愛で見ていられるのか

自分の意識の話しでしかない

生死に関わる話しとそうでない話しでは感じ方も異なることでしょう

それを一律にどこかで線引きして単純化することは、何か違うと感じます。



自分の中で感覚や感情に従い、行動した時には相手の結果がどうあれ、絶望的な後悔をするには至らないだろう

それでも自分の中の想いと結果が異なる時には、例え相手の自由な選択であっても、何か心に引っかかる様な想いはは残るかな

その自分の感情に従って他人にも行動しているのであって、相手の視点で動いている訳ではない気がします

結果的に自分のためにしたことが、相手のためになるのであって

相手のために動いていると感じたら、それはエゴかも知れませんね。



意識を上げること、自立すること、それらは惑星(地球)意識から太陽(恒星・宇宙)意識への拡大の様に

太陽から光・愛を受け取っていただけの意識から

自ら光り輝き、周りに光・愛を与えるだけの意識に変わって行くことなのでしょう

それは視点が全く異なり、今までの感覚とは別次元

そうは言っても、ここ地球に暮らしているので、その感覚も統合して行くことが必要なのだとも感じています。



そのバランスが、自分の意識レベルのシフトに合わせて、拡大や統合を求めて来ているのだろう

今進めている、感情の解放に伴って、今までに感じていなかった感情や感覚に気付きだしています

まだそれらに気付いた段階なので、まだ腑に落ちる所までは来ていないのですが

気付いたのであれば、わかるしできる。



2015年終わりとは、その様なことに気付き出す時期なのかな

そして2016年にそれらを実際に体感し具現化していく

そんな転換点に私達は差し掛かってきているのかも知れません。



みなさんもそれぞれに日々何かに気付き、新たなページをめくってきていることでしょう

それがどの様なシナリオなのかは、それぞれに異なるのでわかりませんけど

それらが自分自身で書き上げたシナリオであり

原作・監督・演出・主演 = 自分 という究極の自作自演

(注)全てがそのモードに突入しているかどうかは、あなた次第かも



その自分ドラマの主人公ですが、同時に他人のドラマにもキャストとして出演と

他人が自分のドラマのキャストとして出演しております

そのキャストとしての出演には、ほとんどがアドリブなのではないかと感じていて

自分のドラマのシナリオを自分で書いているけど、キャストの台詞は信頼ベース

古いゲームのドラマでは、大筋で台詞まで決まっていたと思うし、切り替えの今もその名残として機能していると感じます。



その名残としての台詞コントロールをセルフコントロールに切り替えるかが、今のポイントかな

その枠に気付き、外せるところから解除していく

それを出来る人から、初めて行けば、社会全体に拡がっていくことでしょう。



今はその気付きのゲームを楽しんでみませんか〜( ^o^)ノ



*** イベント案内ページ → 光速の向こうへ ***
スポンサーサイト