多次元の扉が開く


昨日の運転中に起きた出来事

前を走る旧型100系のハイエースを眺めていて

10年以上前のその頃に自分が乗っていた車のことを思い出しました

その時乗っていた車は、エスティマ・エミーナでしたが

次の瞬間、今の車は何だっけ? と思ったのですが

わからなくて...

オーリス!? と思ったけど、それはミッションが壊れて廃車にした

さて、何だろう

気が付いたら、車のハンドルを握り運転していて

でも、車名がわからない

と感じた後に、アルファードだ って思い出した。



時間としては数秒の出来事

意識が体から抜けていた

感覚としては、自分の車と前の車の間にいた

体に意識が戻った瞬間は、自分という感覚ではなかった

記憶を思い出して、自分に戻った。



3人の協力を得て、その時の状況をそれぞれの視点から解釈してもらいました。

ガブッチさん視点
「13次元を一瞬覗いた、それでこっちのことがわからなくなった。」

ブリスさん視点
「今の自分を、宇宙的に客観視し始めると、「すずきけんいち」がアバターだという意識が優勢になってくるのでアバター設定が「どうだっけ?」みたいになった。

ちもたんさん視点
「多次元? に意識が飛んだのだと思います。 意識が飛ぶときはこれからも起きると思います。 このような時に、当てはまっていないのに、年だから忘れっぽくなったと心配する人へ、すずけんさんの体験が、人の助けになるかもしれない。 また、普段の時にはしっかりと現実を味わい生きる事も伝えてください。」



それらを総合して、一瞬意識が多次元に飛んでいたと理解します

今まで、葉子さんとの会話の中で、話しの流れとは全く異なる返事をすることが度々ありました、それも多次元に飛んでいた(次元は不明) セッション中もクライアントさんと事前に多次元で会っており知らないことを普通に答えていた、加えて言うならマーヤさんに「葉子さんは多次元飛ぶ様になるよ、お土産買ってきてね」と言われていた(笑)



それらのことが始まった

昨日は久しぶりに右耳に風圧サインを感じて、葉子さんに訳してもらうとスサから「始まるよ」とのメッセージでした

いよいよ多次元の扉が開きました

瞬間ですが、13次元を体感出来た様で、今後は自分の意思でどの次元に行くのかを選択する、多次元マスターになります。



今までも多くの人が多次元を体験していても、それがどういうことなのか理解出来ていなかったのだと思います

少し前のメンバー・ミーティングにおいて、今後の私達の方向性を確認していました

高次元のハイアーセルフ統合を進めておりますが、今後意識をエレベーターの様に次元を移動するために、1度全ての次元を体験する必要がある

意識のエレベーターの押せない階ボタンがあると制限の中、全ての制限を外してから、必要に応じて装備する

体の仕組みが現行のままでは、高次のエネルギーに完全対応出来ないように感じます

感情などのエネルギーが具現化して病気となることがありますが、それは気付き・学びのシステムであり

今後必要な機能ではない

体のシフトアップのためには、DNAシフトが欠かせないと感じますが、現状で直ぐに自分の意思で出来るものではないようです

これについては神々等守護存在の力を借りて対応するようであります

リトリートは、それに対する私達のチャレンジです、ヒーリング中はそれぞれの守護存在が周りでサポートしてくれています、ひとりに5柱ついていたら、5人で25柱、6人で30柱のサポートがあることになり、それぞれの得意分野を担当してひとりひとりに対応しています。



山岳ガイドは自分がその山に登っていなければ安全に正確にはガイドが出来ない、自分が知っている登山ルートしか対応出来ない

多次元ガイドもそれと同じく、自分が体験した多次元ルート(ゲート)を使って、依頼者をガイドする

私達は、その多次元ガイド、多次元マスターになります。



ブリスさんとのミーティングの中で

輪廻の輪(無限ループ)から脱するためには、その上の次元に行く必要があると認識しました。

その無限ループは、カルマ・システム、トラウマなど魂の傷や記憶が私達に大きな影響を与えている

でもその魂の傷は外側の膜に着いているものであり、本質は何一つ傷付いていない。



次元を上げることで、次元を下げるために設定してきたプログラムを1度解除し、現状にあった仕様のプログラムに更新します

今回の私の体験は一瞬でしたが、戻った時に見えているのにわからない、認識や判断するプログラムが作動していませんでした

今後それらの体験を意識的に行い、個としての自分にとってニューアース仕様に最適化したプログラムをインストールして生きます



今朝起きがけに感じたことは

3次元に生きていることのリアルさ

高次元での意識もあるし、わかるのですが

リアルさが薄れていきます

地球を宇宙から眺めて、青く綺麗な星と感じたり感動したりできるでしょうが

地球での体感する感動は、そこでは感じることができません

意識が飛んでも思考していましたが、リアルな体感・感触は体に意識が入っていないとないことがわかりました

体を離れると、体に入っていることの意味や価値がわかります

海外旅行に出て、日本の良さに気付くようなものですね。



私達は多次元ガイドになるべく、多次元マスターを目指します

でも本質は

自分のいる次元において、自分が創造主として肉体を持って生きること

ひとりひとりがその様に生きられれば、次元は一足飛びにあげる必要もなく

階段をひとつひとつ楽しみながら上がれば良いと感じます。



あの世の様に、意識の具現化がタイムラグ無くスピードアップしたのなら

みんなが自分の思うとおりに生きられるようになる

しかし現状においては、不安と恐怖に支配・コントロールされているので、それらの枠を外し、自分を自由にする必要があります

それを目覚め・覚醒と呼んでいますね、それにも段階がある多次元構造なので、途中で止まることも出来ます

それも体験なのでOKですし、全部登り切るのもOKです

それぞれの魂が目指すところを目指すだけ

支配と誘導が消えていく、この先においては、自分で進路を設定して、自分で運転して生きましょう。



今回のことで、色々なことに気付きました

次元降下時の設定をその次元から宇宙(高次)にアクセスして書き換えて、その3次元を遊ぶ

上の次元に上がって書き換えて、再度3次元に戻る



意識次元を上げて行くと、設定解除(リセット)されて消えていくものもあるでしょう

それを良しとするのかしないのか

それとは逆に3次元の設定、家族などはリアルなものであり、3次元で書き換えないと変わらない

それをするもしないも自分の意識次第。



人間は設定した3次元環境を体験してきました

それは幻想と言えるのですが

今この世は反転したので、幻想がリアルになった

この肉体というアバターがリアルになり、このリアルが高次元にアセンションしながら進出していく

宇宙に飛び出すのは、私達自身であり

宇宙側にあった宇宙を外側に反転して、宇宙をリアルに変えて行く

人にはその力 =「フォース」がある

さあ、みんなでフォースの覚醒をして、リアルな3次元を創造主として遊びましょう〜( ^o^)ノ



意識の制限に気付いてを外したい人は、自分塾、個人セッションへ

エネルギー的制限を外したい人は、すずけん放送局まつり・リトリート、個人セッションへ

ニューアースの自分設定支援は、個人セッションへ


ピンと来るイベントにてお待ちしております。m(_ _)m



*** イベント紹介ページ ***

光速の向こうへ http://suzuken11.wix.com/heartsmile


*** すずけん放送局 ***

ライブ放送はUSTREAMのすずけん放送局
http://www.ustream.tv/channel/すずけん放送局

アーカイブはYoutubeのすずけん放送局
https://www.youtube.com/user/kenzo5699/videos
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する