スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

終わりと始まり・破壊と創造

IMG_6336zb.jpg

ここ最近の夢の記憶は、メッセージ性が強く、何度寝を繰り返しながら色々なシーンを観ております。

その中で「ペテルギウス」サインは、1つのヤマ場を越えた物として受け取りました。

多くの魂達は、ペテルギウスに何らかのメッセージ性を感じており、過去を繰り返さない為に、今生を生き抜いてきた。

そんな妄想とも幻想とも言えそうな中で、それは時を刻む時限爆弾のように、心理的緊張を与えていたのかも知れません。

マクロを終えた、次のターンは2020年に向けてミクロな展開となりそうな感じ

それらを如何に愛で溶かすか、次のゲームの始まりです。



3月20日春分の日の終わりの合図と祝砲とスタートの合図が重なるタイミングで

次の扉を開いて行く



多次元的な、このゲームを如何に認識して遊んでいくか

ひとりひとりの創造力と行動力にかかっている

永続的な循環社会の土台作りは、ひとりひとりが創るもの

誰かが作ってくれる訳ではなく、それぞれの持ち場、得意なこと、好きなこと、それらが積み重なった時に初めて大きな物になっていく。



それぞれの内なる光が外側を照らす時、この世界は光に包まれる

光も闇もそれぞれが持っている資質であり、そちらを外側に反映するか

それはひとりひとりの選択次第



爆発的な音と光を観た時に、花火を思うか、爆弾を思うか

それは内側の感覚でしかわからない。



リアルに同窓会の案内が届いたり、前職の同僚達と懇親会の夢を観たり

今までの時代を懐かしむような感覚も湧いてくる

それと同時に、新しい世界への期待も浮上して

終わりと始まりが交差する、このタイミングで感じるものはそれぞれにあるのでしょうね。



長かったこの文明、そして過去文明、さらには宇宙時代までと

カルマとトラウマの仕組みに翻弄された、この2000年間

人として宇宙との繋がりを断たれ、忘却の中の住人となり

微かな記憶に宇宙を懐かしむ、時に過去のトラウマに振り回されて

ぐるぐる回る輪廻のループからの脱出

今その時を迎えて、記憶を、自分を取り戻し

神聖な存在として、いまここを生きる



さあ、そろそろ自分の本質を思い出す扉を自ら開いて生きませんか〜( ^o^)ノ



*** イベント紹介ページ ***

光速の向こうへ http://suzuken11.wix.com/heartsmile

*** すずけん放送局 ***

ライブ放送はUSTREAMのすずけん放送局
http://www.ustream.tv/channel/すずけん放送局

アーカイブはYoutubeのすずけん放送局
https://www.youtube.com/user/kenzo5699/videos
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。