劣等感の裏側

IMG_6489zb.jpg

以前から感じていた劣等感が、ここ最近浮上してくることが時々ある

見える力より、見えない力に対して感じている

リアルですること、できること、できないこと

それはもちろんあるし、出来る人がスゴイな〜と素直に感心する

見えない力に対してでは、何か卑屈になったり、ねじれた感情で

劣等感を感じていることがある → これ書いていたらエネルギー的に耳に蓋した(笑)



そう感じる時、心の奥底では、そのくらい自分でも出来ると感じていて

評価される人と、評価されない自分を比べている様だ。

それらは過去生からのトラウマの様にも感じるし、過去の破壊はその辺が根底にあったのかも知れない。



その感情を眺めている自分もいて

素の自分は、そこに反応しないし、そこではないと理解している

でも小さな自分は、駄駄っ子の様に振る舞っている

自転車を乗れるようになったお兄ちゃんが褒められているのを見た小さな弟が

「ボクもできるもん」とひとりで叫んでいるようなものである。



*** 追記 ***

劣等感の裏側には、もうひとつあった

他人を見下すこと

自分が見下しているから、見下されてイラッとする同じ穴の狢(笑)

これも、もういらんね

*** 追記おわり ***



見えない力は諸刃の剣であることも知っていて

力に魅了され、力に使われたり

身を削ってしまうことすらあることも



その意味では、今生は強く深く力を封印しており

必要な時に必要なだけ使っている

実際、ワンオペになってからもセッションなどでは必要なことはわかっている

答えを言葉にするのではなく

箱の中にある答えをのぞき見てもらう感じで、私自身はそれを見ない

その方が辛いシーンの回想には都合が良い様だ。



未来の自分を見て、今の自分がひがんでいるようなもので

まあ、どうしようもないツマラナイ話しなのですが

小さな私にとっては、大きな問題の様なんです。



しばらくは、小さな自分に向き合って

その時に欲しかった愛を感じてみたいと思います

その時の小さな自分は、愛を知らなかったのでしょう

今も全てを知ったわけではありませんから、当たり前と言えば当たり前

形の違った愛を見逃し、受け取り損ねていた

そう言えば先日行った回転寿司で注文の品を取り損ねていた。そこだな(笑)



学びのための設定が沢山あるので、感じている状態と起きている状態の差は確かにある

でも、必要なことは全て起きていて、何一つ不足しているものはない

何かが足りないと感じているのは、学び終えていないことを知っているのかも

学び足りないと(笑)



学び終えたら、次ぎ行こう〜( ^o^)ノ



*** イベント紹介ページ ***

光速の向こうへ http://suzuken11.wix.com/heartsmile

*** すずけん放送局 ***

ライブ放送はUSTREAMのすずけん放送局
http://www.ustream.tv/channel/すずけん放送局

アーカイブはYoutubeのすずけん放送局
https://www.youtube.com/user/kenzo5699/videos
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する