次元のエレベーターと会話のキャッチボール

IMG_6543zb.jpg

4月6日(水) エネルギーボディケア開催しました。

心地よく時が流れ撮った写真は食事だけ(笑)

次回は、4月24日(日)にハンドケアが開催されますよ〜( ^o^)ノ



さて、昨夜のSkypeミーティングはお久しぶりの多田さんを交えて、深く濃い話しをすることが出来ました。

参加メンバーのみなさん、ありがとうございました。

素直に本音で話してくれる人が周りにいることは、幸せなことですね。

今の環境に感謝です。m(_ _)m



次元のエレベーター

今まで波動(次元)を上げることにフォーカスして歩んできましたが、その結果感じたことと、思っていたことが同じではないことは実感していましたが、次元=階数としてエレベーターで例えるならば、自分がしているのはエネベーター内部に階数表示がなく、13階への到着を感じたことと、外部からの表示確認だけでした。

意識だけで上昇して来たエレベーターでしたが、現在は内側からの操作は効かず

止まっているつもりが、3階に到着しているとガブッチさんから天の声(笑)

だからといって3階の人々と交流しているのかというと、どうもエレベーター自体が見えないらしい

4次元レスキュー時に同情があったようで、そこでエネルギーに包まれた繭玉みたいだったのかも

同情するつもりはなかったけど、しちゃったのですね。



別なところでも、エネルギーがキツイと言われた矢先だったので、光が強いのか

と真逆に感じていましたが、そうではなかったらしい。(^^;)

その場で、レスキューしてもらいましたが、自覚が出来ていないというのは、頂けないですね。



今後は、場の4次元対応は宇宙にお任せして、人にコミットして行きます。

東北ツアーも再度白紙化して、しばらく様子見します。

この経験も気付きでした、影響を引き受けてくれたみなさんありがとうございました。m(_ _)m



会話のキャッチボール

昨夜のもうひとつのポイントで、ちもたんが私にフォローしてくれた内容が私の認識とかみ合っておらず、お互いに投げる(話す)ボール(言葉)がお互いストライクゾーンに行かず、お互いに上手くキャッチできず、なんとか暴投やエラーすることはなかったので、徐々に距離を縮めながらお互いが受け取れるボールとなりました。

ちもたんと私で学んだポイントは異なっていたと思いますが、私はキャッチボールは相手の胸(ハート)を目掛けて投げないとキャッチボールは楽しめない、ということ

強い球や切れの良い変化球を投げ込んだところで、相手が受け取れない球(言葉)はクソボール

まあ、今までは「オレの球スゴイだろう!」って、クソボールを沢山投げ込んで、取れない相手をヘッタッピ扱いしてきたんですけど…

これからは変化してもハートに届く球を投げたいですね。



人とコミュニケーションすることにおいて、目線を合わせ相手を尊重し、考えを伝え相手の考えを聞き違いを認識し、お互いが同意できれば共に、そうでなければ別々にことを運ぶことが大切ですね。

今まで上手くいかないコミュニケーション経験は十二分に体験し学びましたので卒業し、次は上手くいくコミュニケーションにシフトしていこう。

押し過ぎず、引き過ぎず、適度な間合いと信頼で、お互いのニーズを満たせる選択を自立した存在としてお互いが出来るようにする。

学んで知ったことを行動して行く

私の場合は、ここです。


*** イベント紹介ページ ***

光速の向こうへ http://suzuken11.wix.com/heartsmile

*** すずけん放送局 ***

ライブ放送はUSTREAMのすずけん放送局
http://www.ustream.tv/channel/すずけん放送局

アーカイブはYoutubeのすずけん放送局
https://www.youtube.com/user/kenzo5699/videos
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する