スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

境界線をグラデーションへ

IMG_6718zb.jpg

境界線をグラデーションへ

海岸に例えるなら、岸壁を砂浜へ

まあ自然回帰とでも言えるでしょうか



ここで言う境界線は、自分と他人、内側と外側の様に、別々のドラマがどちらかのドラマになる様な感じだろうか

別々のドラマがシームレスに、有機的に繋がるのが自然な感じなのでしょうね

今の自分は、海に囲まれた島で、それは絶壁に囲まれているような海岸線であり、クレーンでピックアップしないとコンタクトはもちろん、上陸など出来るものではない感じ(笑)

それが砂浜が理想として、岩場でもいいね、自然な海岸線に戻るといいね。



今生を振り返っても、自分で絶壁を降りるか、釣りをしなければ、人と出会うことは無かったように思うし、今もそう変わりは無い

自分が階段だと思っていたら、それは絶壁だったのかも知れないね



さて、この先もいつも通りに、真っ直ぐ進むんだろう(笑)

他人との境界線をグラデーションに切り替えられたら

自分のドラマへの他人の共演、他人のドラマへの自分の共演もシームレスな感じになるのかも知れないな



今日は13時間以上、寝ていて沢山夢も観たけど、テーマは人現関係だったかな

それをどう感じて、どう受け取れたのか、定かではないけど

愛への回帰、帰り方を探っているのかも

愛のない状態で、高次元に行くには、ツールが必要で

今思えば、それを使って下見に行っていたのかも知れない



破壊の先に何も無いことは知っているし

その後に創造出来ないと何も生まれない

そのままでは出口はないから



だからこそ、今の活動では愛ある人を周りに集めて(宇宙的にはサポートに集まってくれて)

ゼロポイントに愛を取りに行く、ブースターとして、浮き輪として支えてもらっている

途中、燃料を使い果たして切り離されたブースターのみなさん、ありがとうございました。m(_ _)m



愛を捨てて、ハートを封印した状態で、ここまで辿り着いたのは、大した進歩だと思って、本文を書き終えて気付いた

愛がないから宇宙からサポート受けているんだ

それが根源から来ている光だ

なるほど、宇宙のみんなありがとう



最近、浮かんでくるイメージは、ガンダム最終話のアムロが戦い終えてコアファイターで仲間のところに帰還するシーン

やることやって、自分を取り戻したら、シャスタで自機を探しますかね

まずは、コツコツとやることやりますか



*** イベント紹介ページ ***

光速の向こうへ http://suzuken11.wix.com/heartsmile

*** すずけん放送局 ***

ライブ放送はUSTREAMのすずけん放送局
http://www.ustream.tv/channel/すずけん放送局

アーカイブはYoutubeのすずけん放送局
https://www.youtube.com/user/kenzo5699/videos
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。