時の流れ

IMG_6968zb.jpg

5月10日 久しぶりにSOUND8の今井さんに会ってきました。

会ったのは1年ぶりくらいかな、その間のお互いの変化に時の流れを感じました。

分野は異なれど、先を歩むところにおいて共時性を感じると共に、その感覚をシェアしてきました。



移ろい変わるものと、変わらないもの

どちらが良い悪いでもなく

それぞれのタイミングというのは、どの領域においても

人としてここにいる限り起こるもの



目指す先を見つめれば、宇宙に向かい月を見ながら体を見ている

望遠鏡を覗いて、自分を探している感じ

外側を見れば見るほど内側で

これも真理なんだと俯瞰する



何かここのところ、始まりに向かう終わりに向き合っているので

終活している様な、妙な感覚がある

この2年間途絶えていた、リアルな人との繋がりに再び触れる度に

ゆっくりと流れる走馬燈を観ている様な気がしてる

古いゲームの終わりに向けて、今生のリアルを追従している様な感覚だ



今年の夏には、小学校5-6年時代の同窓会が開かれる

小中高の学校生活において、1番インパクトのあった2年間だった

当時新卒だった先生は、昨年度で定年を迎えていた。

時の流れは早いものだ。

あの時感じていた、未来への希望は何だったのだろうか?

そんなことは考えていなかったな、ただ毎日がドラマチック過ぎて、何が起こるか楽しむだけだった。



これから先の連続した時の終焉に向けて、時の流れと、振り返り懐かしんでいる様に感じている

今は、まだ自分の先がどうなるのだろうか? と思いながらもイメージしていない

何がしたいのか、考える思考が低下している

どうもここ最近のエネルギーシフトから、体(細胞)は今まで記憶してきた疲れを、過去の記憶と想いを痛みと共に解放している、昨日も肋骨の痛みと共にエネルギーを出していた

新しい世界に古いエネルギーは必要ない、感情は痛みと共に細胞にその情報を記憶している

その解放が必要で、休むことも大切

でも私の場合、完全リフレッシュは当分来ないみたい

まだ続くミッションには同時解放するために古いエネルギーも必要みたい

まだ終わっていないのに、終了後の抜け殻になった自分を感じてた

抜け殻を見ないで、メタモルフォーゼした成虫ならぬ、成人いや新成人だな

そっちをイメージしてみる方が健全だ

ただそれに心躍っていない自分もいたりする

当分、スローペースで進む様だ

歩いている様で、歩く歩道に乗ってる感じ(笑)

みなさんは行きたい道を歩いてね



今年の東北ツアーは、今までとは何か違う
・レベルアップした自分
・少ないポイント
・ゆとりある日程
・手厚い天のサポート

RPGゲームで言うラスボス・ステージな雰囲気満載

どうもステージクリアまで、他のことは選択肢に上がらないみたい

ライス or ごはん の選択を迫られている様だ
A、最終ステージ
B、ラスボスステージ

必要なサインは、周りから降り注ぎ

見逃しても振り向けば、そこにある



何か理不尽さや矛盾を感じつつも、ハマッてしまう面白さと愛と感情の学び

まあそれを選んで今にいる、と考えるのが妥当なところ

時の流れを体感して、時そのものからメタモルフォーゼする瞬間まで

今の感覚を楽しもう

今朝はこんな感じです。(^^)



*** イベント紹介ページ ***

光速の向こうへ http://suzuken11.wix.com/heartsmile

*** すずけん放送局 ***

ライブ放送はUSTREAMのすずけん放送局
http://www.ustream.tv/channel/すずけん放送局

アーカイブはYoutubeのすずけん放送局
https://www.youtube.com/user/kenzo5699/videos
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する