気付けばサイン

IMG_6983zb.jpg

自分が知り得た情報をどの様に扱うかは、自分の判断

何気ない言葉や数字も、時に自分に取っては大きな意味を持つ時がある



それは表面的には私宛のメッセージではなかったのだけれども

あっ、と感じてしまった。

19日の予定は、ベストではないか、別オーダーが入ったのか、それは行って感じてみるまでわからないけど

多次元的には、そのメッセージは私達へのメッセージ



それは、忘れられたものだったのか、今だから開くことができるのか、わからないけど

今必要で、そのタイミングが重要みたい

幾重にも重なるキーナンバー

それは特定のレイヤーだけか、全体にも響くのか

この謎解きRPGの様な毎日はやっぱり楽しい



5月11日はエネルギーボディケアを開催していたのだけど、私はあっという間に完落ちしていた。

くみさんにヘッドマッサージしてもらったのは、みきちゃんもじゅんちゃんもだけど、私は意識を維持できずシャットダウン。

多次元ワークしていたようにも思うし、リアルにも肉体と精神の疲れがしみ出てきているようでもあった

どちらにしても休息が必要だった、それが許される状況にいる幸せを感じる間もなくスイッチオフ(笑)



細胞内にある、過去生の記憶を痛みを伴い解放している

骨の中にあるその記憶、詳細をレビューすることはないのだけど

それ自体が痛い記憶のようだ

じわりじわりと痛みを体感しながら解放・昇華している

学びつつ消していく

自分の中の破壊と再生

ハードディスクのデフラグやフォーマットに近い感じだろうか

新しい領域を準備して、新しいドラマを始めていく



神経的な痛みはもちろん、エネルギー的な痛みや感覚も気付けばサイン

微かな感覚をどこまで拾えるか

その感覚を信じられるか

まずは言葉にして表現したり、絵に描いたり、音にしたり

出来る限り表現しよう

アーティストはそれを素直にしている人

感性や感覚が鋭くても、感覚を100%、言葉や音や絵などに表現しきれる人も少ないだろう

ましてやそれを他人が同じレベルで理解することも



観察、それは自分がしていること

でも自分ひとりだと、一人称で、自分が消えたらもう見えない

2人になり、二人称になると他人の視界に写る

それでも、2人の世界の中

3人になると、三人称

2人の世界を見ている第三者

それがこの世界に必要なのだろう

さらに人が増えていけば、マルチ視点で意識は捉える

どこから見るかは自由自在なマルチカメラの映画の様だ

それらの仕組みもそのうちわかるのだろうな

自分の世界のプレーヤーで有り、他人の世界を見る観察者である私達

それぞれの世界を目撃し合って、この世界を認識して創造している大きな意識

それがこの宇宙そのものなのでしょうね〜(^^)


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する