リトリート、体感も別次元へ

IMG_7137zc.jpg

5月25日(水) 相互メンテのリトリートを行ってきました。

今回はメンバー4人とボディケアのできるゲスト2名で、交換セッション型のリトリートをして来ました、身体のケアは大切ですよ〜(^^)

まずはゲストのエネルギー・クリアリングとエネルギー・リトリートで、出すもの出して新しいものに切り替えて頂く

2人とも今までのリトリートやイベントにおいて、ある程度浄化を進めてきておりましたので、ここまでは順調そのもの

ランチ後に今回のメインイベントとなりました。



私が脚のマッサージを受けていた時に、くみちゃんのマッサージでは感じたことのない感覚で、まるで意識の視点を上げて、自分の感情を観察している様に、痛みを感じている自分を観察していました。

痛いのだけど、身体が反応することがない

身体を使う次元を変えていた様で、覚醒している意識下では初めての体感だったと思います。



施術をしてくれていた方は、硬さを感じているものの、ほぐしても無反応なので、今ひとつ状況を掴み切れていないようでした

エネルギーを流すことを勧めるものの、何故が意識を上げてエネルギーを流すことが出来ず、自然とエネルギーは私から逆流します。(笑)

一通りマッサージを終えたあと、ふくらはぎに揉み返しの様な痛みを感じ出す

反応できなかったので、やり過ぎになってしまった様子。



その後、休憩を挟み次へと進む予定が、予想外の展開へ…

施術者が入れ替わり、私達がヒーリングする側へ逆戻り

ここでいわゆる解放が起こったのですが

そこで感じたのは、本人の意識と意志

私達は光=愛を送りその方を応援するだけ

ヒーリングを受ける人がどうなりたいのか

自分の意志で強く想うことが何より大切だということ



冷静に振り返れば、今まで色々な事象に出逢ってきていて

映画の世界か!?と思う様なことも多々ありました

今回の事象は、過去1番のエネルギーレベルであったと感じながらも

まったく普通に、至って冷静に、淡々となすべきことをしておりました

それは、相手を信頼し、愛を送り続けるだけ

「闇を愛で包み込む」という言葉は聞いたことがありましたが

それってこういうことなんだと。



この世界は2元の世界

光と闇を体験する場

どちらが良いとか悪いとかではなく

光とは何か、闇とは何か、を身をもって体験する場

その体験を越えて、魂が求めているところに向かって行く

光も闇も振り子の様に両側に振り切ることで、中庸・ニュートラルがわかる

両方を知った上で、何を選択するかがポイント

片側しか知らない選択は、奥行き、深みがないだろう



戦いが終わる時代を迎えて尚、戦う場を求め彷徨う魂

それはリアルに戦っているわけではなく

自分の意識の中での戦い

その意識下で戦いの時代が終わりを告げたと知った時

その為に生きていると思い込んでいた魂は混乱する

でも終戦を求めてもいたし、そうなることも知っていた

必要だったのは、そのことを受け入れる勇気と覚悟だけ



その覚悟が出来た時、宇宙・神々は動き出す

自らの闇に、光を入れるべく、ベストな流れを創造し乗っていく

それは今生の経験を考えると、あっと言う間の出来事でした。



今まで何人かその様な人がいましたが、思い返すと本人の意志がどうかで全てが決まる

大多数の人は、心に闇を抱えており、その闇にどう向き合うのか、ただそれだけです

そして、そこに寄り添う者も凍ったハートが溶けることを信頼して、ハートに光を当て続けるだけ

本人の意志があればこそ、宇宙や神々のサポートが効いてくる

電動アシスト自転車を漕ぐのはあくまでも本人、私達はトンネルで光を灯す照明係、恐れず漕げば神々のアシストがある

それが出来る自分なんだと信頼して漕いでもらうことが、私達ガイドの役目

結局、進路を決め進み出すかを決めるのは、自分自身



大きな肩の荷を下ろしたかの様に、頑張ってきた自分、疲れていた自分に気付き、放心状態を体感する

人はその荷の大きさや重さに違いはあれど、何かを背負って生きている

もうそれを手放す時が来た

束なすことに許可を出し

自分を癒し、休み、ありのままの自分を赦して受け入れる



今回、感じたのは、光の強くなってきた施術側の人が、いかに自分軸を保ち行動するかということ

同情や同調することなく、感情に流されず、愛と信頼から行動する

光が強くなるほどに、関わる闇も深くなる

この世では、光と闇は対であり、決して切り離すことができないもの

光が強い者の定めとして、自らの闇に向かい合い、自らの闇を愛で包み込む

それに気付き進めるために、外側から来る闇もある

それに怯まず、自分の内側を見て出来ることから進めていく

それは必ず越えられる壁、高次ハイアーからの導き

学びのための経験はあっても、出来ないことは起こらない



悪とは影であり、自分の恐れと弱さの投影

でも、その弱さすら受け入れるだけの強さがあることに気付いて欲しい

本当に弱ければ、最初からそれを受け入れていないのだから



2016年は、大きな転換期

光と闇、2元性の統合の時

でも、それはひとりひとりの中で起こること

アセンションは地球規模で起こっているけど、それを感じているのは自分の意識

つまり自分で感じていないことは起こらない

勇気と覚悟を持って、ハートを開き自分の内側へ

光の中へ、入って生きませんか〜!?



全ては自分

4年前に聞いていた言葉も今ならわかる(笑)

わからない時に、教え続けてくれていた、マスターのみなさま、ありがとうございました。m(_ _)m

聞く時の意識レベルで受け取り方が全く違う、どうしてもタイムラグがありますね〜(^^;)



ピンと来たら、自分塾、個人セッション、リトリートなど、お問い合わせ、お申し込みくださいませ〜( ^o^)ノ



*** イベント紹介ページ ***

光速の向こうへ http://suzuken11.wix.com/heartsmile

*** すずけん放送局 ***

ライブ放送はUSTREAMのすずけん放送局
http://www.ustream.tv/channel/すずけん放送局

アーカイブはYoutubeのすずけん放送局
https://www.youtube.com/user/kenzo5699/videos
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する