スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今へのシフトは記憶の解放

IMG_2794zd.jpg

今朝の起きがけに感じたこと

私自身、過去の記憶が結構忘れてきており

それが今に生きることに繋がっているのだと



過去への執着が、今の自分の状態との比較を産み

今ある物や人との関係性に不満を抱いたり

理想と現実のギャップに悩んだり

ダメな自分と卑下したり

そんな感じを覚えたことがある人は多いのではないでしょうか?



今に生きるためには

過去の経験を生かし、不要な記憶は忘れる

記憶を消去したり最新の記憶に上書きしていくこと

私達の記憶はスマホやパソコンのメモリー・記憶容量と同様に

一定以上の記憶を維持することは出来ないでしょう

不要な記憶が脳内メモリーを占拠していると

新たに創造していくためのメモリー領域を失い

同じことを繰り返すだけで、精一杯になるのでしょうね。



その原理はパソコンのそれと一緒で

連続して使用しつつけると作業領域が足りなくなりフリーズする

再起動してリフレッシュしたり

不要なデータを削除・整理(デフラグ)したりすることで

動作が速くなっていく。



スマホやパソコンと私たちが異なるのは

起動した(生きた)まま、バージョンアップと容量アップが出来ること

それを司るのは意識



では、どの様にして不要な記憶を消していくのか?

まず、不要な記憶に気付くこと

過去の何かと今を比較して気持ちが萎えるなら不要でしょう

常に何かと比較する癖がある人は、その癖自体を心地の良い状態を維持できるように上書きしていく

とは言え、不要な記憶や、比較する癖に気付くことが

当たり前になっていると、気付きにくい

余程、自分の言動や行動に意識を向けていないと分かりにくい



その様な自分との向き合い方をセッションや自分塾にてガイドします

Skype自分塾やりますかね(^^)



それでも理想と現実のギャップはあるもので

そのギャップを意識して、プラス思考に意識を使えば

どの様にしたら埋めたり近付くことが出来るのか

感じるままに行動して行くことで理想の自分に向かって行く

続けて行けば、なりたい自分になっていく。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。