スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラム缶オーブンの製作

IMG_0520.jpg

ドラム缶でオーブンを製作しました。

Vegetable Cafe RUSHの伊東さんがドラム缶でジャークチキンを作りたいとの話から
ジャマイカ風にドラム缶切って焼くのは、ワイルドだね〜
と思いながらロケットストーブみたいに断熱して、炭の使用量を減らす仕様を提案して製作を開始しました。

IMG_0504a.jpg

オーブン室はペール缶2連結

IMG_0516a.jpg

ペール缶の外側のドラム缶内部にはパーライトを約160L詰め込んでいます。

IMG_0523a.jpg
IMG_0524a.jpg
から焼きでは奥で300℃オーバー、手前260℃を達成しており、少量の炭で200℃以上をキープする事が可能です。

IMG_0526a.jpg

断熱性の高さから使用後には直ぐに車に積み込みも可能で、大人2人で持てる重さです。
煙突はペール缶内部に収納しています。

IMG_0531a.jpg

RUSHの伊東さんに試運転してもらって、あきちゃんお手製のピザを焼きました。

IMG_0530a.jpg

200℃下回っていましたが、12分で焼き上がりました。
とても美味しかったですよ〜
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。