スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラスモス・ガウプによるサウンドオブソウル講演会に行ってきました。

IMG_0956z.jpg

ラスモス・ガウプさんは、江本勝さんの元で水の波動を学ばれ、現在はリヒテンシュタインで、魂の音楽、Sound of Soul を研究開発しており、医療機器ではありませんが、ヒーリング効果があるとして研究が続けられております。

医療機器認定は、今の仕組みでは難しそうですから、気持ちが良い自分の音楽を奏でる機器として広げて、自分の具合が良くなれば結果オーライですね。

前夜のシリウスと違い、まったく眠くはなりませんでした。(笑) 何より響いたのが、今までの治療やヒーリングは外からの情報であり、Sound of Soul は内からの情報であると言うこと。外側を観る時代から内側を観る時代に、まさにピッタリ来る話でした。寝るわけないよね。(^^)

この講演会は久しぶりにお勉強した感じで、水のバイブレーション、結晶、測定基準、量、品質などのキーワードと倍音、同調、心電図、心拍変動数、交感神経、副交感神経と次から次へと流れる様に話は続きました。

心臓を検査するときには、一般的に心電図ですが、それは脈拍や心筋の動きを見ており量的測定

サウンドオブソウルが探求しているのは「質」=「波動」

これは水の分析の場合、成分分析となりますが、品質ではないのと同様で、水の波動を写真に撮る江本さんからヒントを得て、元々音楽一家で音楽漬けの生活をしていた、ラスモスさんならではの発想でしょうね。しかも最初は波動を疑っていた。(笑)

心音の波動は一つ一つの脈はどれも、木の葉と同様に同じパターンはないそうです。リラックスしている状態では、まったくバラバラのパターンになり、緊張していると似たパターンになってくる。これを見るのが心拍数変動。

IMG_0974z.jpg
IMG_0975z.jpg

心拍数変動が同じパターンが良くないのは、放射線と似てますね。人工放射線は一定の放射していますが、天然放射線は揺らぎがあり一定の数値にはならないのです。

思考を一点に集中すると、低心拍数変動になり緊張ストレス状態。空になると高心拍数変動ですね。瞑想が良いのはそういう事なのでしょうね。

まさに「自分のハートに聞く」Sound of Soul 自分にあったサウンドなので、人の音を聴いても効果はなさそう? 心拍数変動幅が広くなるほど回復力が上がり、二人のハートの音から作るとお互いに作用して心音も同調しコミニュケートするそうです。

SoundofSoul

最後に一人体験がありましたので、もちろん手を上げて試させてもらいました。初めてプラス大勢の前で説明しつつのトライアルでしたので、緊張状態だったと思います。楽器はかなりの種類からえらべますが、お勧めのハープと尺八で聴かせてもらいました。是非体験サロンでじっくり聞いてみたいものです。

IMG_0985z.jpg
この写真は私の心拍変動数のプロットです。緊張している?

自分のはもちろんですが、二人で利用することができるのでパートナーと倍音を奏でることも可能だそうです。

東京東日本橋にある株式会社アイ・エイチ・エムでは体験サロンを行っています。
30分5000円でお一人様一枚のCD付き、ちなみにSound of Soul の機器は120万円別途Macが必要です。

soundofsoul001.jpg

クリックで拡大します。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。