スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月14日の放射線測定

神奈川県平塚市 19:48 INSPECTOR α、β、γ線測定

大気     0.095―0.149μSv/h
芝      0.143―0.233μSv/h
コンクリート 0.287―0.413μSv/h

定後1分間の計測、大気は地上1m、芝は2.5cm、コンクリートは1cm

天候   晴れ

気温   26.7℃
湿度   37%
酸素濃度 20.9%

上記3つは地上1m

神奈川県平塚市 12:30 INSPECTOR α、β、γ線測定

大気     0.077―0.137μSv/h
芝      0.155―0.227μSv/h
コンクリート 0.311―0.449μSv/h

定後1分間の計測、大気は地上1m、芝は2.5cm、コンクリートは1cm
芝とコンクリートの増加は直射日光の影響があるかも?
次回より気をつけます。

天候   晴れ

気温   26.9℃
湿度   36%
酸素濃度 20.9%

上記3つは地上1m


神奈川県平塚市神川橋 10:56 INSPECTOR α、β、γ線測定

大気       0.077―0.155μSv/h
歩道コンクリート 0.521―0.718μSv/h

定後1分間の計測、大気は地上1m、コンクリートは1cm
神川橋の風上の下流側歩道上で測定、強風でした。

天候   晴れ

気温   23.2℃
湿度   30%

上記2つは地上1m

高いところでの測定で違いがあるか?
ツイートの質問より測定してみました。
例えが湘南平でしたが、近い神川橋の風上になる下流側歩道上で計測しました。
橋の外側にガイガーカウンターを出しての計測できませんでした。(ビビリ)

結果
川からは数十m高く、風も強く川下から吹いていましたので
歩道からの放射線物の巻き上げはないと思います。
ただし、歩道からの影響はないとは言い切れない
歩道上1mで測定した状態では、自宅計測との違いを感じませんでした。

神奈川県平塚市 7:44 INSPECTOR α、β、γ線測定

大気     0.077―0.143μSv/h
芝      0.107―0.179μSv/h
コンクリート 0.293―0.383μSv/h

定後1分間の計測、大気は地上1m、芝は2.5cm、コンクリートは1cm

天候   晴れ

気温   23.4℃
湿度   56%
酸素濃度 20.9%

上記3つは地上1m

太陽光測定 7:53 晴れ 1分間平均
太陽光強度  981W/m2
UVA    1035μW/m2
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。