スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プラニック・ヒーリングWS見学してきました。

IMG_3124z.jpg

先日ご縁を頂きまして、プラニック・ヒーリング基礎編ワークショップに見学参加させて頂きました。

プラニック・ヒーリングとは? 

*** プラニックヒーリング・ジャパンより転載 ***

プラニック・ヒーリングはプラーナ(prana:気、生命エネルギー)を使って身体全体を癒す古代から伝わるヒーリング技術です。

プラーナとはサンスクリット語で、生命エネルギーあるいは生命力という意味を持っています。

太陽や空気、地面から、私たちはたくさんのプラーナを得ています。食事をするのも、実は食べ物の中に含まれているプラーナを摂取することに、その本当の意味があるものです。

人間も含めて、すべての生命形態は特有のエネルギー場を持っています。

このエネルギー場にアンバランスが生じると、肉体的、感情的、心理的あるいは霊的な面において、私たちは病気になることがあります。

プラニック・ヒーリングの技術は、プラーナのエネルギーを使って、これらのエネルギー場に調和とバランスをもたらし強化していくものです。

この技術は狭義の病気や怪我に対処するだけでなく、植物や動物、人間関係、経済状況、職場や家庭などにおける広い意味での「症状」を修正し、調和をもたらすために使うことができます。

またワークショップに参加することで、どなたでも簡単にプラニック・ヒーリングのエネルギーを使いこなすことができるようになります。

*** 転載終了 ***

IMG_3133z.jpg

プラニック・ヒーリングは、中国系フィリピン人のチョー・コク・スイ大師によって、創始され海外ではスクールなどもあり、普及してきているそうです。今回の講師は大塚雅代さんで、現在はプラニックヒーリング・ジャパンとして組織的な動きはされておらず、国内海外で受講したプラニック・ヒーラーさん達が活動しているそうです。ティーチャーとして活動されている方も少なく、全ての講座を受講するには海外に行く必要があるそうです。

このプラーナのエネルギーはレイキのエネルギーと源は同じだと言われていました。そのエネルギーを安全に使うための技術だそうです。

私は見学参加でしたが、他の参加者さんのワークに合わせて、プラニック・ヒーリングを受けさせてもらいました。オーラのスキャニング(状態知覚)、チャクラのクレンジング(クリーニング)とエナジャイジング(プラーナ・チャージ)をして頂きました。

状態は全体的にバランス良いそうで、一部チャクラのサイズと汚れを調整クリーニングして頂きました。どうもありがとうございました。

いつもながら鈍感なので、サードアイがくすぐったかったです。この前アルーナさんのWSでやった深い瞑想状態に直ぐに入り受けていたので「瞑想できるじゃん」と気付きました。(笑)
多くのヒーリングは施術者のエネルギーの影響も受けるので、自分の波動を上げてチャクラの詰まりを解消していくかが、ヒーリングの質を上げることに繋がると思います。

そう言う意味で、プラニック・ヒーリングは人格形成について触れていた事が、いいなと感じました。

今回の基礎編ワークショップではそこを深く掘り下げていませんでしたが、上級編では人格形成について説いているそうなので、その重要性をわかっているのでしょうね。私の感想としては基礎編でも、もう少し掘り下げた方がいいと思いました。

愛をもってする施術であれば良いですが、エゴが出て来ると他のヒーリングと同様にエネルギーの負の作用が働いてしまいますので、私も含めてヒーラーさんは気を付けましょう。

エネルギーは常に高いところから低いところに流れます。高気圧や低気圧(台風)と同じですね、高気圧から低気圧に風が吹いています。その差がエネルギー量で大きいほど影響が大きくなります。波動が低くなるとエネルギーが小さくなるのではなくて、エネルギー差が大きくなるので影響が大きくなってしまうのです。

今回の大雪になった低気圧も同じ原理でエネルギーギャップが大きく影響も大きかったですね。たぶん集合(無)意識が生んだエネルギーの様に感じます。

今後大塚さんとこのタイミングで出会うご縁ですから、大塚さんのタイミングが来ましたら、すずけん放送局にてインタビューしてプラニックヒーリングについて放送するかも知れません。

その時はよろしくお願いします。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。