スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近思うこと… 「男性起業支援」

IMG_4953x.jpg

最近思うこと… 「男性起業支援」

私自身も会社員を卒業して、起業し個人事業主になりましたが、世間一般にある企業支援は、従来の基準で弱者とされている、女性、若者向けが多く感じます。

私が思う弱者とは、柔軟な思考が停止している、思考弱者、情報弱者も一部含まれるかな
ある意味、洗脳コンプリートしている、中高年サラリーマンがその対象となるだろうと感じています。

柔軟な発想があれば、これから向かえるであろう変革期に、自らの新しい発想で自分の道を歩み自立してくだろうと思うのですが、今まで勝ち組と思われてきたエリートこそが、実はこれから逆転していく時代においては、一番の弱者に成り代わるだろうと感じています。

そうは言っても完成品をバラして組み立てるのは、時間も手間も掛かることでしょう。

家庭の中が、ゆりかご的な状態であれば、そこでリフレッシュして再起動する気もしますが、現代社会はそれをするゆとりが消えているでしょうね。

サラリーマンとは雇用契約と言う、経済的な鎖で繋がれた経済奴隷システムであり、時間と給与を交換するシステムでしょう。モモの時間泥棒が伝えてますね。

目に見えない経済的な鎖の強さは、生活のために必須のものとして、教育されてきており、その洗脳を解くのは生やさしくなく、ショック療法的なキッカケがないと、なかなか自らの基本システム(OS)を消去し、新しいシステム(OS)をインストールする事は、とても勇気がいり、不安と恐怖を克服していない段階では、踏み込むことが出来ないと思われます。

ここで言う「男性起業支援」は、個人事業家を創業支援の前段階の、本当の自分(真我)に気付き、自分らしく生きることを肯定することから始めなければ、マネーゲームの延長線上の話しになり、本質からズレて言ってしまうでしょう。

私自身は、健康を害するショック療法(笑)から、自ら調べ上げて今の境地におりますが、2014年においては修行的な険しい道を通らずとも、真我への道を歩くことができると思うのですが、常識と言う鎧の重装備(=フルアーマー)をしている人には、平坦な道でも険しく感じる事でしょう。

そう感じてはいるものの、その処方箋を私が持っている訳ではなく、これから景気の停滞と合わせて大量に増えるであろう、会社員卒業者の受け皿は見当たらず、より厳しくなる経済的な鎖を求めて彷徨う人が増えるだろうと感じています。従来の意識上でのソフトランディングできるといいなとは思うものの、そこまで私は踏み込めないかな…

マネーゲームは終演し見えない鎖が消失した時に、手を離した風船のように宛もなく漂う気球にならないように、自立航行出来る様に推進力を手にするか、ひとまずアンカーを付ける様にしないと、よそ風にすら流されてしまうでしょうね。

私はある程度アンカーを築き、自立航行出来る様に、動力を創り現在に至っておりますが、なかなか今現在サラリーマンで家族を持ち、家を持ち、車を持ち、手放す勇気や飛び出す勇気を持ち合わせていない人には、酷な話しに聞こえるでしょう。

ただ時代はその様に、移ろい変わってきているのだと、気付いていかないと、全てが衝撃的な瞬間に起きているのではないので、日々の変化に気付き自ら少しずつ変わる勇気を持つように意識していかないと、気付いたときにはスカイダイビングしている状態かも知れません。パラシュートを開くか飛ぶか(笑)着地するか… 幻想だと気付けるとそれもまた楽しくなるだろうけど(^^;)

このブログを読んでくれている人は、会社員であっても気付いている人でしょうから、従来のエリートではなく、既に自立しているか、自立準備中の人が多いでしょうね。

今後その様な人達の数が増えていくので、その人達の支援システムは循環型経済に移行する虹の橋として脚光を浴びていくだろうと思います。

その様な仕組み作りをする人がどんどん出てくるといいな〜と思う、今日この頃でした。その様な仕事をしている方がいたら、すずけん放送局でお話ししてみませんか〜!?
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。