スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月2日の放射線測定

神奈川県平塚市 18:53

INSPECTOR α、β、γ線測定
空間     0.065―0.191μSv/h
コンクリート 0.167―0.233μSv/h

ECOTEST TERRA-P MKS-05 γ線測定
空間     0.09μSv/h
コンクリート 0.09μSv/h

定後1分間の計測、空間は地上1m、コンクリートは1cm

天候   雨
酸素濃度    20.9%
二酸化炭素濃度  408ppm

今日は車内で二酸化炭素濃度を測定してみましたが
従来通りに内気循環で締め切りだったので、2200ppmを記録しました。
放射性物質を気にして窓を閉め切っていましたが、逆に危ない状況でした。
運転中によく眠たくなっていましたが、今後は換気に気をつけてみようと
思います。
酸素濃度が標準でも二酸化炭素濃度が上がれば危険ですね。
皆さんもお気をつけくださいね。
気がついていないだけで、色々な事が起こっているのでしょうね。

神奈川県平塚市 6:56

INSPECTOR α、β、γ線測定
空間     0.071―0.149μSv/h
コンクリート 0.269―0.347μSv/h

ECOTEST TERRA-P MKS-05 γ線測定
空間     0.10μSv/h
コンクリート 0.10μSv/h

定後1分間の計測、空間は地上1m、コンクリートは1cm

天候   雨
酸素濃度    20.9%
二酸化炭素濃度  583ppm

二酸化炭素濃度測定を追加しました。
 350~450 ppm 外気レベル
 450~700 ppm 許容できるレベル
 700~1000ppm 注意が必要なレベル
1000~2500ppm 眠気を誘われるレベル
2500~5000ppm 健康に害を及ぼすレベル
5000ppm~     危険なレベル
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。