スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

個人セッション 反転からステージアップへ

昨日の個人セッションは、初めて2度目の個人セッションを受ける方が来てくれました。

今までは一度のセッションで意識の反転をしてもらい、依存(リピート)無しをイメージしておりました。ところが意識が反転していても、ステージを上がるときには、お試しの様に色々な事象が起こり「本当にいいの?」と自らの意思を問われることが多々あります。

昨日の方は、まさしくその状態であり、前回のセッション後にいくつかのステージをクリアし、途中にイベントにも来て頂いておりました。それでもお試しはやってくる!(^^;)

徐々に自信を身につけ進んできていたのですが、最初にお会いしたときの軸ブレ感や感情の振り幅は狭くなっている分、糸を短くして振り幅を小さくした振り子のように振動数は上がっていきます。感情の振り幅は狭くなりブレも少なくても、振動周波数(速度)は増しており、エネルギーとしては変わらない。軸ブレもなくなり、その状態にも気付いている。

その様なタイミングで本来の自分の位置と方向性を確認しに来てくれました。

今までのセッションとの大きな違いは、古い世界のシナリオ(ブループリント)を終えた後のニューアース、ニューゲームのシナリオを自分自身で描き切れておらず、周りの見えるシナリオを一部採用しようと試みるものの「何か違う!?」とハートは違和感を覚えるのだけど、その何かがわからない…

目指したい自分の未来像(イメージ)に、よりフォーカスして、自らのラインを創造する。

人のラインに相乗りするのは楽な様でいて、微妙な違和感を感じてしまう。そのラインと自分のラインが追走するなら良いのだけど。

他人の車の助手席に乗るのではなく、相手の車と自分の車で同じ目的地(ライン)へ向かいましょう。進路変更も自由自在です。

ニューアースでは自主性、創造性、楽しさを表現するステージであり、いつまでも観客席に留まる訳にはいかないでしょう。



観察者から表現者へ

そうであっても人それぞれ、タイミングが異なるので、焦りや不安を感じる必要はありません。今自分が成し遂げること(古いゲームのゴール)にフォーカスして、そのゴールラインが、ニューアースのスタートライン。

リアルにラインが見える訳でもなく、ある日目が覚めたらそうだったと言う訳でもなく、ある一定期間がそのライン上で、ゴールとスタートを同時進行していることでしょう。

ニューアース、ニューゲームの選択基準は、自分が楽しいか、楽しくないか。

相手がどう思うか? とか外側の基準を用いないこと。



楽しいと感じることは何ですか?

さあ、勇気を出してその楽しさを体験してみませんか!?
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。