スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スプラウト@相模大野ありがとうございました。

IMG_8251xz.jpg

9月23日(火) スプラウト・ニューアースクリエーター@相模大野を開催しました。

ご参加頂きましたみなさまありがとうございました。

最後にお約束した、昨夜のシップ搭乗の記憶は残っておりますでしょうか?

私は…   ないです。(笑)

昨夜の搭乗記憶をお持ちの方は感想をメール下さい、よろしければ掲載します。

*** 追記 ***

シリウスのキリギラに確認したところ、昨日の参加者は全員シップに搭乗していたそうですよ。

そこで昨日のイベントの続きをしていて、各自がこれからすることを未来に見に行き確認したそうです。(^^)

流石にそこまで記憶している参加者はいないでしょうね(笑)

*** 参加者Kさんのシップ搭乗記 本人承諾の上、原文コピペ ***

みんなが一列に並んで立っていました。昨日の座った順でターシャさん、すずけんさん、私、…

そこへ郵便配達の赤いバイクがやってきて、1人ずつ封筒を渡していきます。
受け取ると、フワーと宙に浮いていきます。
ここで笑えるのですが、すずけんさんのだけ封筒ではなくて、大きい包みなんです。
「えー、何で俺だけこれなの⁉︎」と言ってると、ターシャさんは私たちと同じ封筒をもらって宙に浮きました。
そして、すずけんさんに「ほら〜ブツブツ言ってないで、ちゃんと取り組みなさいよね〜。だからいつも覚えてないんだよ〜。」と言ってました。
みんなはフワフワ浮きながら、すずけんさんを応援してましたよ(笑)

たぶん受け取った封筒の中には、スターシードが入っていたんじゃないかと思います。とてもワクワクして、やる気が出てきましたから。

*** 追記終わり ***

今回初めて男女比率が5:5でした。 凄い! 男性の覚醒進んできましたね。

毎回ですが、着座位置での隣同士の関係共通性は顕在で、今回は花繋がり、過去生つながり、アトピー繋がり等々ありました。


スプラウト・ニューアースクリエイターはどんなイベント!?

いつも適当にしか伝えていないので、直感で参加される人だけがお越し頂けていると思います。もちろんそれでOKなんですけど、ざっくりどんな展開だったのか書いておきます。


1時間くらいすずけんのフリートーク、毎回台本無しなのでシリウス、キリギラに今日のテーマをメッセージで聞いて話し始めます。そこからその場の雰囲気で色々と話しを広げて拡がりすぎます。(笑)

そのまま行くと最後までいっちゃいそうなのでターシャに止められ、参加者に自己紹介と今やっていること、これからやってみたいことを話してもらいっています。その中から参加者の共通話題やテーマ的な物が浮かび上がります。

一巡してから、私達のヒーリングをそれぞれ5分程度受けてもらい、エネルギーを体感してもらいます。個人差はありますが、重かった人は軽く、軽かった人はより軽くなり、私達のエネルギーを感じ、そして自分自身のエネルギーも感じてもらいます。

宇宙語を話したい意思と準備が出来ている人は、直ぐに話せるようになりますし、翻訳も本人のタイミングで開花していきます。最近はどこからの宇宙語メッセージなのかソースを確認するようにしています。そうすることで、ひとりで宇宙語を話すときもそのソースに聞くので安心して話す事が出来ることでしょう。

ヒーリング済の人は、天使の羽が付き、豊穣の種を持ち、手当ヒーリングが強化されているので、お互いにそれぞれのエネルギーの違いを感じてもらいながら手当ヒーリングしあってもらいます。

その後は、イベント体感した感想のシェアをしてもらいます。みなさん自己紹介の時とは明らかに異なる笑顔で見えない世界を表現してくれます。スピリチュアルと言われる見えない世界を体感して、自分のものとして捉えてくれていることを実感する、私達がとても嬉しく感じる瞬間です。(^^)


みなさん波動を上げた空間にいることで、隠れた感情の澱など負のエネルギーを浮き上がらせて、解放をしていきます。ニューアースのニューゲームを楽しみためには、不要なエネルギーですのでどんどん天にお返ししていきます。その後は軽やかに白紙のシナリオに何を書こうか楽しんでもらいます。

もちろん一度の参加でそこまで行ける人は、来なくても直ぐにそうなる人でしょうから、テンポを加速させたい人は、古いゲームを終了しニューゲームの準備を整えるには、良い機会になると思います。

それにも増して、他の参加者と繋がる事で日々の生活に戻ったときに感じる波動にまた馴染んでもイベントで繋がった仲間達とSkypeでグループ通話などしていくと、イベントで感じた高い波動に戻りやすく、園は堂をベースにしてさらに上げて行くことがしやすくなります。日常生活の中で周りに同じ波動の仲間がいない人にとっては、その先に行くのにとても手軽でパフォーマンスの良い手段となります。

同レベルの仲間を自分の鏡になってもらうと、とても写り良くなります。

ステージが上がるときには、「本当に進むのか!?」的なお試しが色々と出てきて、気持ちは揺さぶられ物です。それも仲間がいるとお互いにフォローし合うことで、よりスムーズに越えられることがあります。もちろんそれには素直に受け入れる心と、人をコントロールしない関係である必要があります。自分の操縦ハンドルは自分で持ちましょうね。


シリウス、シップナンバー421の副司令官見つけました。(笑)
421の司令官は地上には降りておらず、副司令官のOさんがシップ・メンバーを探しております。シリウス421にピンと来る方いらっしゃりますか~!?

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。