スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

分岐点

今朝目覚めに感じたこと。



私達は選択の連続の日々を過ごして人生を歩んでおります。

そして、そろそろ大きな分岐点が近づいていると感じます。


それはどちらが良い悪いではなく、どちらを選ぶのかです。

ざっくり言うならば

・お金地位名誉など今までの価値観の延長→ピラミッド型の搾取(支配)型社会システム、創造より破壊

または

・地球(宇宙)と調和した価値観→ニューアース=個々が自立し輪(和)となり協力し合う循環型社会システム、破壊から創造へ



宇宙から切り離し孤立していた地球から、宇宙への扉を開き再び宇宙の一員に戻るタイムラインと孤立していたタイムラインから抜け出さないタイムライン

地球自身はニューアースへの移行を決めており既にオープン間近です。

古い地球がどの様になるのかは私にはわかりませんが、ウイングメーカー的視点で見れば決して明るくはないでしょう。



さて、問題だと感じるのはその選択を自分で選んでいるようでいて、選んでいることに気が付いていないことです。


無意識の罠


今までの閉ざされた期間があまりにも長く、本当の自分の意識に戻っていない。起きているようで寝ている状態。

常識という社会的教育=洗脳によって自分の行動パターンを無意識のうちに自動実行するプログラムがインプットされております。その常識プログラムが起動していることに気が付かない限りは、オートパイロット(無意識)から意識した行動に戻ることは困難でしょう。

自分の道を歩いているつもりが、他人の敷いたレールを転がっていないでしょうか?

・家庭のレール

・地域や会社(組織)のレール

・国(支配者)のレール



私達が地球に来たのは宇宙では出来ないことを体験するため、宇宙で出来なかったことを叶えるため、宇宙を調和に導くため、私達はとても勇敢な魂を持つ挑戦者なのです。その魂を持ってまでしても今までの地球次元は密度が濃く重たい波動により想う様に行動する事が出来ないでいました。

2012年の冬至以降その解放が始まり、その重力から離脱しだしております。

そして2014年の冬至(12/22)が大きな分岐点になるであろうと感じております。



・自分が求めているものは何なのか?

・自分が向かっている未来はどんな未来なのか?

・自分の道を歩いているのか?


ひとりひとりが自分自身に問うことしか、気付きを得て目覚めることはないでしょう。


気付きは他人が与えることはできず、そのキッカケに触れるチャンスを与えることしかできません。

外側に答えを求めてどれだけ探し回ろうが、幸せの青い鳥のように見つけることはできないでしょう。

自分の中にある答えに気が付いたときに、初めて自分が目覚めたことに気付くでしょう。



この選択、分岐点に恐怖を感じているのであれば、まだ気付いていないと思います。

例え家族であろうが、誰であろうが、選択は本人以外出来ないのです。

誰がに誘導されていると思っても誘導を受け入れている自分がいることに気付いてください。





自分の内なる声に耳をすませ、胸に手をあてて質問してください。


「自分はどうしたいのか?」…


そして、感じたことを感じたままに受け入れる、自分を信じる=自信がある、ことを受け入れてください。


あなたはあなたのままで良く

それ以上でもそれ以下でもありません

あなたそのものであり

あなたの人生を体験できるのは

あなただけなのですから…
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。